愛知大学 大学案内2017
131/180

本との出会い、本との深いつきあい方を提案。本と図書館を身近に感じてもらうために、季節に合わせたユニークな企画展示を実施。8つの外国語で自分の思いを語ってみよう。自作スピーチあり、朗読あり、そして国歌の斉唱も。外国語コンテストを図書館で開催。・ 日本語・ 英語・ 中国語・ 韓国・朝鮮語・ タイ語・ ドイツ語・ フランス語・ ロシア語■ 外国語スピーチコンテスト名古屋図書館所蔵資料の中からビジネスに関連した資料を集約し、専用コーナーを設置しました。就職活動中の学生が業界・企業情報を調査したり、キャリアデザインやビジネスマナーを学べる場として利用されています。また、教職課程コーナーを併設し、学生の将来計画を支援する場として今後さらに拡大していく予定です。語学教育研究室の主催で毎年開催される「外国語コンテスト」。21回目を迎えた2015年は、12月10日に名古屋図書館のディスカッションルームで、入賞者発表会と表彰・講評が行われました。コンテストの課題は、各外国語科目の特性や実情に応じて設定されています。たとえば英語や中国語(現代中国学部生対象)、韓国・朝鮮語は自作スピーチ。またドイツ語やフランス語は課題テキストの朗読。タイ語やロシア語では斉唱も。さらには外国人留学生による日本語スピーチも発表されました。CASE02CASE03■ 就活・ビジネス支援コーナー授業で使用する教科書や参考図書、課題図書が置かれています。授業の予習・復習などに利用されています。■ リザーブ図書コーナー大学生協主催の読書奨励企画「読書マラソン」。参加者から寄せられたさまざまなジャンルの図書の読後感想から選りすぐりのものを現物の図書と一緒に展示しています。ゲーム感覚を取り入れた新しい知的書評合戦です。複数の発表者がそれぞれ自分の好きな本を紹介、「どの本が読みたくなったか」を参加者全員で投票し、「チャンプ本」を選出します。図書館応援サークル。図書館に親しんでもらうための企画展示やビブリオバトル、ブックパーティーなどのイベントを実施するほか、利用者のマナー向上キャンペーンなども行います。■ 読書マラソン(大学生協との連携)■ ビブリオバトル■ 図書館サポーター「トッポ」比較的易しい外国語の本を多く読むことで語学力を身につける「多読」の図書が置かれています。レベルで分かれており、自分の語学力に合わせて外国語を学修することができます。■ 多読コーナー「新入生向け図書」や「教員推薦図書」などさまざまな企画展示で図書館の所蔵資料を紹介しています。時期によっては学生が書店で選んで購入した図書が並ぶこともあり、人気を集めています。■ 企画展示コーナー2015年12月10日(表彰式・発表会)名古屋図書館 ディスカッションルーム図書館130

元のページ 

page 131

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です