愛知大学 大学案内2017
100/180

Faculty of Letters歴史・地理学コース日本史学専攻日本を中心に関連地域の歴史も学び日本社会の今を考察する。「日本史」に、教科書や年表の丸暗記をイメージする方は多いかもしれません。しかし、本来の歴史研究は知的好奇心と刺激に満ちています。日本史学専攻の授業では、当時の人々が書いた手紙や日記といった史料を解読しますが、原文を読み解きながら、その時代の人々の日常や社会の姿を感じ取ることに歴史の醍醐味があるといえます。また、新たな発見が日本史そのものを変えることもあります。歴史の常識を覆すような最新の研究成果を知ることで、日本史のダイナミズムを実感できるでしょう。日本史学専攻では、2年次より講義および史料講読を行い、基礎的な知識を身につけます。3年次以降は、専門的な演習などで研究能力を高め、卒業論文に結実させます。現場に赴き、歴史的景観や現物を見るフィールドワークや史料重視の教育も大きな特色です。文学部 教授 神谷 智 私の講義では、「政治史」「経済史」「文化史」「外交史」「社会史」「思想史」といった幅広い視点から日本近世近代史を中心に学びます。講義ではまず、高校で習った教科書と学界での定説を比較した後、最新の研究結果も併せて紹介します。たとえば、高校では関ヶ原の戦いは徳川軍が豊臣軍に勝利した戦いと習いますが、実は関ヶ原の戦いの後も、まだ臨戦態勢が残り、その後15年をかけて東国勢力が西国を駆逐していったというのが学界の定説です。つまり「天下分け目の戦い」ではなく、「結果として天下が分かれてしまった戦い」といえます。また歴史はそれぞれの時代が密接にかかわっています。尾張徳川家に与えられた「大納言」は古代に端を発する官職であり、近世史を理解するためには他の時代を併せて学ぶ必要があります。この授業では、幅広い領域から多角的にアプローチし、日本近世近代史の基礎知識を修得します。時代を超えて学び真の歴史を理解する。歴史・地理学特殊講義■専門教育科目ピックアップ■専門演習(ゼミナール) 主なテーマ■卒業論文 主なテーマ・ 古代史料の解読・ 古代社会の研究・ 中世史料の解読・ 中世社会の研究・ 近世・近代史料の解読・ 近世・近代社会の研究・ 室町将軍家の女性・ 「町村是」と村落社会-愛知県西加茂郡高橋村を事例に-・ 孝謙・称徳朝における仏教の政治利用・ 五世紀から六世紀の日朝関係について・ 平安時代の女官について・ 木簡から見える古代の水産物について・ 平氏政権における平重盛の役割・ 戦国大名と金山・ 三河の西郷氏について・ 東大寺と黒田悪党・ 戦国期の鵜殿氏について・ 吉良の塩田について世界史学専攻西洋と東洋の枠を取り払い現代世界の成り立ちを理解する。中東でのさまざまな紛争やEUとロシアの混乱などを見ても、世界はいま混迷の中にあると言ってもいいでしょう。それは世界史という学問分野でも同じです。世界史では歴史の発展を研究していますが、その「発展」という考え方そのものに疑問が呈されています。「東洋」「西洋」というヨーロッパ的な観念自体が、近来の世界的な変動の中では通用しなくなっています。だからこそ、歴史の中から教訓を引き出し、今後の行く手を見定める力を鍛える必要があるのです。また、時の権力構造や秩序によって歴史の姿や解釈は変わります。さまざまな角度から語られる歴史の背景を見極め、その成り立ちを探っていく中で、社会の本質が見えてくることがあります。広い視野に立って、社会のめまぐるしい変化の基礎に隠された問題を解き明かし、世界の歴史的発展の姿を探究します。文学部 准教授 小野 賢一 私の担当する「歴史・地理学特殊講義」では、ヨーロッパ中世史を扱います。ヨーロッパ中世史というと「魔女狩り」などの暗いイメージがあるのではないでしょうか。確かに少し前までは「暗黒の中世」といわれ、暗い時代と考えられてきました。そのせいか「魔女狩り」が盛んに行われたのは中世であると誤解されてきました。「魔女狩り」が盛んに行われたのは近世であって、中世ではないのです。最近の研究ではヨーロッパ中世に対する見直しが行われるようになり、ヨーロッパ中世の暗黒の側面だけでなく、明るい側面にも目が向けられるようになりました。中世はヨーロッパの最もヨーロッパらしいところがつくられた時代といえます。お城がたくさんつくられ、騎士道や宮廷文化が発展しました。この時代の宮廷では、吟遊詩人たちが貴婦人に恋愛の詩を語り聞かせるという文化が生まれました。今につながる恋愛文化の原型が、この中世という時代に現れました。「暗黒の中世」ではなく「恋愛の中世」という見方もできるのです。華やかに彩られた中世のヨーロッパと出会う。歴史・地理学特殊講義■専門教育科目ピックアップ■専門演習(ゼミナール) 主なテーマ■卒業論文 主なテーマ・ 東アジアの伝統社会と王朝国家・ 西欧近代の成立過程 ~世界の一体化と主権国家への分裂~・ 古代の文明・ 近世ルネサンスの世界・ 世界史における国民国家の成立と民族・ 十字軍運動の目的の変遷・ 呉楚七国の乱の背景・ 中国の歴史教育の変遷-「江沢民時代から胡錦濤時代」の中学歴史教科書記述を中心に-・ ロシアの帝政崩壊とラスプーチン・ フランス革命と民衆暴動・ ハプスブルク家と多民族国家・ 古代ローマ帝国の日常生活-パンとサーカスに焦点を当てて-・ 後漢王朝の成立と構造・ 曹魏政権の人材登用に関する一考察・ モンゴル帝国の統治政策について-イル=ハン国を中心に-・ 諸葛亮の事蹟をめぐって その虚像と実像・ 女性と魔術-植民地インカ世界におけるジェンダー099

元のページ 

page 100

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です