愛媛大学 大学案内2017
62/74

キャンパスライフ支援CAMPUS LIFE SUPPORT本学では、学業やサークル活動などの充実したキャンパスライフのため、さまざまなサポートを実施しています。1. 入学時の諸経費と 充実の奨学金制度授業料の納期については、家計の負担を分散できるよう、4月と9月末~10月の年2回に分けています。納付方法は、口座引落しと振込みがあります。日本学生支援機構(旧日本育英会)奨学金は、全学生の約4割が貸与を受け、貸与平均額は約5万6千円(月額)です。申請者の9割以上が貸与を受けています。また、日本学生支援機構以外の奨学金制度、入学料・授業料免除制度、入学料・授業料徴収猶予制度等を設け、充実した経済的制度によりキャンパスライフをバックアップします。※その他の経費とは、学生教育研究災害傷害保険料及び後援会費等の合計金額です(金額については変更する場合があります)。※医学部の上段は医学科、下段は看護学科の金額を示します。[問合せ] 学生生活支援課 089-927-9168◎ 日本学生支援機構奨学金制度■ 入学料の免除制度■ 授業料の免除制度■ 入学料・授業料の徴収猶予制度入学前1年以内に入学者の学資を主として負担している者(以下「学資負担者」という。)が死亡又は入学者若しくは学資負担者が風水害等の災害を受けたために、入学料の納付が著しく困難であり、かつ本学が定める学力基準を満たすと認められる場合は、学生本人からの申請に基づき選考の上、入学料の全額又は半額が免除される制度です。経済的理由により納付期限までに入学料・授業料の納付が困難であると認められる者及びその他やむを得ない事情のために、納付期限までに納付が困難であると認められる場合は、学生本人からの申請に基づき選考の上、入学料・授業料の徴収が猶予される制度です。経済的理由により授業料の納付が著しく困難であり、かつ、学業優秀と認められる場合及び授業料納付期限前6か月以内(1年次前期分にあっては、入学前1年以内)に学資負担者が死亡又は本人若しくは学資負担者が風水害等の災害を受けたために、授業料の納付が著しく困難であると認められる場合は、学生本人からの申請に基づき選考の上、納付すべき授業料の全額又は半額が免除される制度です。また、授業料を納付した後でも、家計急変等(家計支持者の死亡、失職等又は風水害の災害を受けたことなど)による緊急の免除制度を設けています。2.学生教育研究災害傷害保険及び  学研災付帯賠償責任保険制度3. ラウンジ61この保険制度は、学生の互助共済を目的とし、全国的規模で実施されており、正課中、学校行事中、課外活動中、通学中、学校施設等相互間の移動中等に被った災害傷害等に対する補償で、学研災付帯賠償責任保険は、対人、対物に対する補償制度です。自主学習スペース、コミュニケーション、リラクゼーションの場として、愛大ミューズには4つのラウンジがあります。授業の合間などに気軽に会話を楽しんだり、少人数でグループ学習をしたり、読書など1人でゆっくりとした時間を過ごしたりすることができます。(利用時間は平日8:30~21:00)計   授業料入学料学部等その他の経費法文学部(昼間主コース)教育学部社会共創学部理学部医学部工学部農学部スーパーサイエンス特別コース法文学部(夜間主コース)282,000円141,000円71,660円64,660円44,660円64,660円114,800円63,370円64,660円70,660円44,660円62,760円621,560円614,560円594,560円614,560円664,700円613,270円614,560円620,560円594,560円337,710円前期分 267,900円(年額535,800円)前期分 133,950円(年額267,900円)種 類貸与月額自宅通学 3万、4.5万円から選択自宅外通学 3万、5.1万円から選択(4.5万円も選択可)第一種奨学金[無利子][初回振込日に一括]10万、20万、30万、40万、50万円から選択(※注 第一種又は第二種と同時の申込が必要です。)入学時特別増額貸与奨学金[有利子]第二種奨学金[有利子]3万、5万、8万、10万、12万円から選択

元のページ 

page 62

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です