愛媛大学 大学案内2017
50/74

□関連科目の修得と卒業により、受験することなく取得できる資格● 教育職員免許● 学芸員資格(全学科)● 毒物劇物取扱責任者(生命機能学科)● 食品衛生管理者及び食品衛生監視員 (生命機能学科)● 技術士補(生物環境学科 地域環境工学コース)● 測量士補 (生物環境学科森林資源学コース※、地域環境工学コース)[食料生産学科] 高等学校教諭一種免許状(農業)[生命機能学科] 中学校教諭一種免許状(理科) 高等学校教諭一種免許状(理科)[生物環境学科] 中学校教諭一種免許状(理科) 高等学校教諭一種免許状(理科・農業)● 愛媛大学食育士(全学科)● 技術士補(全学科)● 甲種危険物取扱者(生命機能学科)● 上級バイオ技術者(生命機能学科)□卒業により受験資格が得られるもの[ 取得できる資格 ] 農学部長 杉森 正敏学部長からのメッセージ49農学部FACULTY OF AGRICULTURE博物館法施行規則に基づき開講する所定の科目の単位を修得した者必要な科目を修得した者食品衛生監視員プログラムを修了した者技術士の資格を得るために必要な資格で、農業土木プログラムを修了し、技術士会に登録することで取得できます。愛媛大学独自の資格です。必要な科目を修得した者必要な科目を修得した者技術士の資格を得るために必要な資格で、農業関係では、農業部門、林業部門、生物工学部門、環境部門があります。教育職員免許状は、教育職員免許法及び同法施行規則が定める所定の単位を修得したものが、都道府県教育委員会へ申請することで取得できます。教育職員免許状を取得するためには、卒業要件単位数以外に40単位程度を修得する必要があります。測量に必要な科目を修得すれば、国土地理院への申請により取得できます。地域環境工学コースでは、農業土木プログラムを修了する必要があります。※カリキュラムの変更があった場合、取得できない場合があります。平成28年4月より、愛媛大学農学部は3学科という新体制でスタートを切ることとなりました。農林水産業は地域社会を支えています。そして、地域・世界の環境を守ります。新しい3つの学科では「食料・生命・環境」の各視点から学ぶ独自のカリキュラムを提供するとともに、修士課程に直結させて高度な専門的知識を身につける特別コースを設置しています。農学部のメインキャンパスは松山市の樽味地区。ここで皆さんは快適な学生生活を送ることができます。さらに県内には愛媛大学や農学部の附属施設があり、さまざまなことを学び研究することができます。たとえば、附属農場、附属演習林、南予水産研究センターでは、里・山・海の実習を通して農林水産業の実情を学びます。また、植物工場研究センター、食品健康科学研究センター、環境先端技術センターでは、さまざまな実験を通して、最新の農業技術・食と健康・環境分析技術を習得します。充実した教育環境が皆さんの学びを豊かなものにし、自らの実験・実習を通して培った本物の力が身につく―愛媛大学農学部は皆さんを待っています。

元のページ 

page 50

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です