愛媛大学 大学案内2017
5/74

愛媛大学学生コンピテンシー愛媛大学は、学生が卒業時に身につけていることが期待される能力(育成したい学生像)として「愛大学生コンピテンシー(EhimeUniversity Competencies Standards for Students: EUCS-S)」を定めています。 教育研究社会貢献大学運営基本目標4愛媛大学憲章基本目標愛媛大学は、自ら学び、考え、実践する能力と次代を担う誇りをもつ人間性豊かな人材を社会に輩出することを最大の使命とする。とりわけ、国際化の加速する時代において地域に立脚する大学として、地域の発展を牽引する人材、グローバルな視野で社会に貢献する人材の養成が主要な責務であると自覚する。愛媛大学は、相互に尊重し啓発しあう人間関係を基調として、「学生中心の大学」「地域とともに輝く大学」「世界とつながる大学」を創造することを基本理念とする。1)愛媛大学は、正課教育、準正課教育、正課外活動を通して、知識や技能を適切に運用する能力、論理的に思考し判断する能力、多様な人とコミュニケーションする能力、自立した個人として生きていく能力、組織や社会の一員として生きていく能力を育成する。2)大学院においては、人間・社会・自然への深い洞察に基づく総合的判断力と専門分野の高度な学識・技能を育成する。3)愛媛大学は、国内外から多様な学生を受け入れるとともに、世界に通用する人材育成のための教育環境を提供する。4)愛媛大学は、入学から卒業・修了まで安心して充実した大学生活を送ることができるよう学生を支援し、主体的な学びを保証する。5)愛媛大学は、基礎科学の推進と応用科学の展開を図り、知の継承・創造・統合に向けた学術研究を実践する。6)愛媛大学は、学生と教員がともに学ぶ喜び・発見する喜びを分かち合い、研究と人材育成を一体的に推進する知の共同体を構築する。8)愛媛大学は、産業、文化、医療等の幅広い分野において最高水準の知識と技術を地域社会・国際社会に提供し、社会の持続可能な発展に貢献する。9)愛媛大学は、地域と連携した教育・研究を通じて有為な人材を輩出するとともに、社会の諸課題の解決に向けて人々とともに考え、行動する。10)愛媛大学は、構成員相互の尊重を基盤とした知的な交流を学内のあらゆる場において保証する。11)愛媛大学は、教職員の自発的・主体的活動を尊重し、教職協働による円滑な大学運営を行う。12)愛媛大学は、大学の特性と現状の批判的分析とに基づいて明確な目標・計画を定め、機動的で戦略的な大学経営を行う。7)愛媛大学は、先見性や独創性のある研究グループを拠点化して支援し、地域課題から世界最先端課題にわたる多様な研究を推進する。[ 愛大学生コンピテンシー ]ⅠⅡⅢⅣⅤ愛媛大学学生として期待される能力知識や技能を適切に運用する能力「愛大学生コンピテンシー」は「5つの能力」によって構成されています。そのそれぞれが、2つ又は3つの具体的な力(合計「12の具体的な力」)として表現されています。論理的に思考し判断する能力多様な人とコミュニケーションする能力自立した個人として生きていく能力組織や社会の一員として生きていく能力6.様々な状況に応じて適切な対話・討論ができる(ダイアローグ/ディスカッション/プレゼンテーション)7.目的達成のために多様な人と恊働できる(協調性/チームワーク/リーダーシップ)8.自らの個性や適性を活かして行動できる(自己理解/自己決断/リフレクション)9.社会的関係の中で自分の行動を調整できる(順応性/セルフマネジメント/規範遵守)10.他者を理解し,他者のために役立つことができる(「お接待」の心/ホスピタリティ)11.集団・組織の一員として自覚と誇りをもって行動できる(責任感/連帯感/帰属意識/愛校心)12.地域の課題を,地球規模で考え,解決に向けて貢献できる(社会貢献/グローカルマインド)1.必要な情報を収集・整理できる2.個別の知識や技能を相互に関連づけながら習得できる3.習得した知識や技能を基に自分の考えを組み立て,適切に表現(記述・口述)できる4.広い視野と論理的思考に基づき分析・解釈できる(クリティカル・シンキング/創造的思考)5.科学的根拠に基づき判断し,解決策を提示できる(意思決定・判断力/課題探求・発見・解決力)

元のページ 

page 5

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です