愛媛大学 大学案内2017
40/74

あなたが創る、多彩な未来。グローバルな視野から、自らの位置を見いだし、自立的技術者・研究者としての基礎的な素養を身に付けて工業技術の未来を切り開く人材を養成します。■学科・コース編成この学部で学ぶこと機械工学科 / 電気電子工学科 / 環境建設工学科機能材料工学科 / 応用化学科 / 情報工学科FACULTY OF ENGINEERING[ 知識・理解 ] 工学を学ぶために必要な基礎学力を有している。[ 思考・判断・技能・表現 ] 物事を多面的に考察し,自分の考えを論理的にまとめて表現することができる。[ 関心・意欲・態度 ] 工学の分野に興味を持ち,主体的・継続的な学びの姿勢で未知の領域にチャレンジしようとする意欲と熱意を有している。この学部では,次のような資質や能力を持った学生を求めます。アドミッションポリシー39工学部GUIDE BOOK 2017 EHIME UNIVERSITY急激に進歩する科学技術の中で、特に工業技術は目覚しい躍進を遂げています。こうした技術革新をリードし、社会に貢献できる専門技術者ならびに研究者の育成を目指し、工学部では次の3点を教育理念としています。1つ目は「自立的技術者・研究者としての素養の涵養」です。社会や自然との係わりの中に自らを位置づけ、グローバルな視野からの多面的な判断によって、主体的、自律的な工学・科学技術を行使できる人材を育成します。2つ目は「創造的基礎能力の育成」です。科学とこれを基礎とする専門分野の基礎的知識を総合的に活用し、ものづくりやシステムづくりに関して創造的能力を発揮できる力の育成です。3つ目は「人間的基礎力の育成」です。世界的なグローバル化の流れに柔軟に対応し、自らの人生を切り拓いていくための素養としての継続的な自己学習力、プレゼンテーション能力、コミュニケーション能力等を養成します。これらの教育理念をもとに、工学の基礎に重点を置きながら、幅広い応用力と豊かな創造力が身に付くように、学科ごとのカリキュラムを工夫しています。このようにして培われた学問的素養と純朴でファイトのある学生気質は社会から高く評価され、卒業生は技術者、あるいは研究者として国内外に活躍の場を広げ、各分野の第一線で活躍しています。

元のページ 

page 40

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です