愛媛大学 大学案内2017
38/74

医学部SCHOOL OF MEDICINE学部長からのメッセージ進路・就職・資格Employment / Qualification [ 取得できる資格 ] 附属病院■睡眠医療センター■認知症疾患医療センター■人工関節センター■子どものこころセンター37医学科卒業生には国家試験合格後、2年間の卒後初期臨床研修が義務化されています。その後の進路は、研究者を目指して大学院へ進学、県内外の病院・診療所・保健所への勤務、開業医などさまざまです。他病院の勤務医や開業医となった後でも、附属病院で週1回程度の研修を受けることができます。看護学科卒業生は国家試験合格後、看護師・保健師として就職するか、養護教諭として教職につく、あるいは大学院に進学して看護学の研究に従事するとともに修士の学位を得て大学等の教員となる道もあります。※国家試験合格状況(2016年3月卒業者のみ) 医師88.9% 保健師100.0% 看護師100.0%※医学部の就職状況 [医学科]臨床研修医 県内病院54人,県外病院50人 (2015年度)   [看護学科]看護師55人,保健師6人,養護教諭(助教諭含む)3人医学科を卒業し、国家試験に合格すること。看護学科を卒業し、国家試験に合格すること。保健師教育に関する所定の単位を修得し、国家試験に合格すること。2012年度入学生から、人数を限定した選択制です。人数は35名程度(第3年次編入学生を含む。)とします。養護教諭一種免許状教職に関する所定の単位を修得 すること。(第3年次編入学生は除きます。)人数は5名程度とします。※なお、保健師免許と教育職員免許はどちらか1つの選択となります。● 医師免許● 看護師免許● 保健師免許 (看護学科)●教育職員免許 (看護学科)本学医学部附属病院は、最先端の医学の粋を集めた設備・機器と医療スタッフをそろえ、「特定機能病院」として先端医療や高度先進医療を提供しています。また、「がん診療連携拠点病院」として質の高いがん治療を提供するとともに、がん治療に携わる専門の医療人の育成を目指しています。2012年に「睡眠医療センター」、2013年に「認知症疾患医療センター」、2014年に「人工関節センター」、2015年には、日本の将来を担う子どもたちのため「こどものこころセンター」を設立しました。さらに、開かれた病院として「市民健康講座」や「オープンハウス(見学会)」も行っています。医学部では、「患者から学び、患者に還元する医学」を創立からの基本理念としています。この理念は、単に病気を治すことに留まらず、様々な病気で悩んでいる人たちの立場に立って、全人的視点から最良の医療を提供できることを意味しています。医学部の教育では、「自ら考え、学ぶ」ことに重点を置いた体験学習や少人数グループの能動的学習に力を入れています。これらによって、医学・看護学を学ぶ楽しさや、解決すべき課題とその解決法を身に付けることができます。また、学生の時から研究者と一緒に先端研究に参加することも可能です。愛媛大学医学部は、夢と情熱に溢れた人間性豊かな君たちを待っています。2012年5月、睡眠障害の診療に特化し、地域の睡眠医療の中核となり得る施設を目指して設置しました。睡眠時無呼吸症候群、過眠症、不眠症などの睡眠障害全般の診療を行っております。睡眠の検査として、終夜睡眠ポリグラフィ検査に加えて、過眠症の精密検査である反復睡眠潜時検査(MSLT)を県内で初めて導入しました。2014年1月からスタートした人工関節センターは、臨床・研究・教育の統合型センターを大きな特徴としています。「より良い人工関節をより多くの患者さんへ」をコンセプトとして、高度の人工関節医療をできるだけ多くの患者さんに提供できるように努力してまいります。特に、手術教育部門では、手術手技研修センターと連携し、未来の人工関節医療を担う医師や看護師の技術向上をはかります。2015年2月からは、「人工関節開発支援室」を設置し、人工関節の独自開発に取り組んでいます。2015年4月から、胎生期~思春期まで継ぎ目なく診療できる体制を確立し、子どものこころと発達の問題を早期に発見し、健全な発達を促進することを目的として、小児科、精神科、周産母子センター、睡眠医療センターが連携して診療します。これまで、子どものこころの問題をかかえていながら、どこで子どもの診療が受けられるか分からず受診を躊躇し、対応が遅れてしまっている方へ迅速に対応することも目的としています。2013年4月より、認知症疾患医療センターの中核センターとして業務を開始しました。主に、地域拠点センターからの紹介や相談に関し、高度な鑑別診断や指導などを行っています。また、事例検討会や研修会などを通じ、認知症医療水準の向上を目指しております。医学部長 満田 憲昭

元のページ 

page 38

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です