愛媛大学 大学案内2017
16/74

法 文 学 部FACULTY OF LAW & LETTERSグローバルな実践知を身につける。この学部で学ぶこと法文学部では、激動する現代社会をグローバルな視点から捉え、グローカル・マインド(glocal mind)をもって新たな文化・社会の在り方を構想し、その実現に寄与するために生涯にわたって学び続け、学びの成果を行動に移すことができる、「人文社会諸科学の知識を基盤とした幅広い教養と実践的能力(実践知)」を有する、汎用的能力の高いグローバル人材を育成します。そのために、グローバル化に対応するための基礎的な学びの基盤の上に、海外実習等を含む実践的な学びを積極的に取り入れ、人文社会諸科学の幅広い学びと、各専門分野の深い学びを可能にすると同時に、グローバル社会に対応できる知識とスキルを身につけることができるカリキュラムを提供します。また夜間主コースを設け、社会人・生涯学習への門戸を開いています。◎法学・政策学履修コース◎グローバル・スタディーズ履修コース(昼間主のみ)◎人文学履修コースアドミッションポリシーこの学部では、次のような資質や能力を持った学生を求めます。[ 知識・理解 ]人文社会学科[昼間主コース][夜間主コース]高等学校で学習する国語、外国語、地理歴史、公民、数学、理科などについて、高等学校卒業相当の知識と技能を有している。[ 思考・判断 ][ 関心・意欲・態度 ]物事を多面的に考察し、自分の考えをまとめることができる。人間及び人間の創り出した文化や現実の社会から提起される諸問題に興味関心を持ち、それを大学における勉学を通じて追求し、勉学の成果をグローバル化した現代社会に活かしたいと考えている。[ 技能・表現 ]所与の問題について、自分の考えを日本語でわかりやすく表現できる。15人文社会諸科学の知識を基盤として、現代社会に新たな価値創造の扉を開く「実践知」(実践の場で適切な判断を下し行動することができる能力)を備えたグローバル人材の育成を目指します。■ 学科・コース編成GUIDE BOOK 2017 EHIME UNIVERSITY教室の外へ―フィールドワーク―海外へ―実践科目・欧米語学実践演習―国際交流―シンガポール大学で愛媛大学を紹介―

元のページ 

page 16

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です