愛媛大学 大学案内2017
11/74

代表 藤野 隆希さん [ 法文学部 ]代表 福壽 絢人さん [ 法文学部 ]代表 宮原 美咲さん [ 法文学部 ]代表 兼頭 里奈さん [ 法文学部 ]代表 大成 将司さん [ 法文学部 ]ピア@カフェピア(Peer)の意味は?キャリア・サポーター(CS)メディアサポーターズ映像部(MSBT)代表 河野 泰山さん [ 法文学部 ]障がい学生支援ボランティア(CBP)図書館サポーター(LS)ECOキャンパスサポーター(ECS)メディアサポーター出版部(MSPT)10学生中心の大学CSは愛媛大学生が人生の選択肢を増やすための活動をしています。これまでに内定が決まった学生や社会人を講師とした就活イベントの開催や「キャリサポ新聞」の発刊等を行ってきました。同じ愛媛大学生が将来やりたいことを見つけるために活動しましょう!私たち映像部は、学内で放送されている「ぞなもしLIVES」という情報番組を中心に、様々な映像制作を行っています。未経験者も多い中、学生が企画・撮影・編集を行い、メンバーで協力しあいながら一つの番組を作り上げています。私たちは「学生の視点で、学生のモチベーションをあげられるような記事づくり」を理念として掲げ、学内広報誌「愛U(ラブユー)」を制作しています。企画・取材・原稿執筆・校正をデザイナーの方、印刷会社の方などと協力し、学生が主体的に活動しています。私たちECSは、学生の視点から学内環境の改善を目的として活動しています。学内のごみ問題改善に向けた学生への呼びかけや、緑化活動などを通年活動としています。その他にも、エコな学生祭を目指した活動や、地域の環境イベントにも参加しています。SCVの活動拠点として2005年4月に設置された、学生のための共有リラックススペースです。普段は、SCVスタッフのミーティングや待ち合わせ、時には余暇の時間つぶしにも利用されています。また、先輩学生による何でも相談、ボランティア情報の掲示なども行っています。キャンパス生活に関わる問題に直面した時、またはボランティアをしてみたいけれどきっかけがつかめない時には、ぜひ気軽にお立ち寄りください。きっと多くの出会いと新しい発見があるはずです。ピア@カフェのピア(Peer)とは英語で「仲間」「同僚」「クラスメイト」などの意味を持つ単語です。学生相互の「教えあい、学びあい、助け合う」力を高めることを目的として設置しています。私たち図書館サポーター(通称LS)は、愛媛大学生に対して図書館の活用を促進するとともに、本に親しみやすい空間を提供するため、日々活動しています。図書館が好きな方、本が好きな方、一緒に活動してみませんか?みなさんのお越しをお待ちしております。CBPは、愛媛大学の障がい学生支援に関わる活動をしています。各種支援(下記HP参照)を充実させる活動や大学のバリアフリー化のための調査・報告、障がい学生と支援学生の交流会を設けたりしています。人のために何かしたいと思っている方、一緒に活動しませんか?〈 障がい学生支援について 〉本学では、障がいのある学生の支援に全学的に取り組んでいます。平成14年度からは「登録ボランティア制度」を設けて、少しずつ活動の輪を広げてきました。障がい学生の修学に関する相談や、障がい者支援に関する講義の開講、支援に初めて入る学生を対象とした各種講座をCBPと協力しながら開講し、支援学生の養成を行っています。詳細は、バリアフリー推進室ホームページをご覧ください。http://info.ehime-u.ac.jp/bfree/本学には、9つの団体で構成されたスチューデント・キャンパス・ボランティア(SCV)があります。教職員のサポートを受けながら、よりよい大学を創るために活動する、大学公認のボランティア団体です。活動拠点としてピア@カフェがあり、ミーティングや軽作業、団体間の連絡など、毎日、元気に話し合う学生の声が聞こえています。地域とともに輝く大学世界とつながる大学

元のページ 

page 11

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です