岩手大学 大学案内2018
96/104

学生生活Campus Life寮生活も一人暮らしも  暮らしのスタイル高校時代から獣医を目指し岩手大学に入学しました。一人暮らしという選択肢も考えましたが、勉学に時間を使いたいという思いから、学校まで徒歩3分程度でお金もかからない寮生活を選びました。自啓寮は4つある学生寮の中では唯一の2人部屋であり、入寮期間は4年間(共同獣医学科は6年)であるため、大学院生を含め多くの学生と会うことができます。また、歓送迎会、スポーツ大会、芸能大会など年間を通して様々な行事が開催され、先輩や他寮と交流をする機会が多くあります。そういった中で自らの積極性やコミュニケーション能力が向上したと感じます。自啓寮では、寮運営は学生自らが意見を交換しながら行い、寮生活をより良いものにしようと努力しています。寮生活の日々の中にある、様々な経験や出会い。縦のつながりも横のつながりもすぐに広がります。農学部 共同獣医学科菊地智貴さん〈秋田県立横手高校出身〉自啓寮の場合1日のスケジュール1ヶ月の生活費7:008:4012:1512:3018:3020:300:00起床授業昼食サークル帰宅・夕食勉強就寝● 個室部分約7帖● 通学徒歩3分収入/奨学金 5.1万円   仕送り 4万円支出/寮費 1.4万円   光熱水費・共益費 0.4万円   食費 2万円   教材費 0.5万円   サークル活動費 0.5万円   交際費 1万円寮生活は、時間もお金も有効に使えます!ミニキッチン冷蔵庫トイレワードローブカーテン机ベッド4つの学生寮で充実のキャンパスライフ岩手大学には、大学キャンパス内に自啓寮(男子寮・二人部屋)と同袍寮(男子寮・個室)の2つ、大学から約2kmの高松地区には北謳寮(男子寮・個室)と紅梅寮(女子寮・個室)の2つ、合計4つの学生寮があり、合わせて465名が入居しています。食事の提供はありませんが、ミニキッチン・冷蔵庫・ベッド・机・トイレ等の設備を完備しています。○学生寮寄宿料 月額14,000円(光熱費は別途必要)学生寮について96IWATE UNIVERSITY 2018

元のページ  ../index.html#96

このブックを見る