岩手大学 大学案内2017
58/104

先輩、このコースでどんなことしてるの?電気工学分野から多分野への応用に大きなやりがいを感じています。私の研究は、植物水耕栽培施設で養液中に水中放電処理を行い、植物の病害リスクを低減することを目的としています。水中放電ではオゾンや紫外線など様々な要因によって有害菌の殺菌が可能です。電気工学分野の農業分野への応用は大変な面も多々ありますが、見聞も広がり非常にやりがいを感じることのできるテーマです。教授 髙木浩一家電製品やLED・蛍光灯などの照明、スマホやテレビ、パソコンなど、みなさんの身の周りには、電気と関係したものが数多く存在します。本コースでは、人の暮らしをより高度に支えるために、電気電子通信の研究・技術開発を行っています。私の研究室では、プラズマ農業など、新しい電気エネルギーの利用方法について研究しています。電気電子・情報システム工学科 (改組前の名称)齊藤義典さん 〈宮城県仙台南高校出身〉定員270名システム創成工学科理工学部Faculty of SCIENCE & ENGINEERING基礎分野の垣根を越えた学習により、工学に関する専門知識と応用展開能力を養います。現在の工学に関連する分野は、電気、通信、情報、機械、環境などを基礎としながら、それらの機能を相互に連携・融合させ、システムとして機能を最適化させることが求められており、分野横断的な教育研究が必要とされています。したがって、今後も飛躍的な発展が期待されるロボット、自動車、航空宇宙などの分野においても、また防災・減災情報システムのスマート化などを考える上でも、各工学基礎分野の垣根を越えた学習が重要となります。システム創成工学科は4コースから構成され、専門深化と分野融合を図りながら、幅広い工学に関する専門知識と応用展開能力を養うための教育・研究を行います。電気電子通信コース安全で環境に配慮したエネルギー発生・供給技術、進化したセンサやインテリジェントな機能を持つ電子デバイスを創出する技術、より快適で便利な暮らしのための無線通信技術などを実現するため、電気・電子・計測・制御・通信などの基礎から応用までを幅広く学びます。電気・電子・計測・制御・通信など基礎から応用まで幅広く学びます。PICK UP カリキュラム半導体プロセスや照明、環境保全など様々な分野で利用されているプラズマの性質や基本的な特性、プラズマの元となる電離や荷電粒子によって起こる様々な現象に関する考え方を学びます。身の周りの様々な電子機器に組み込まれているマイクロコンピュータ。その組込システムの基礎を学び、電子回路とソフトウェアを設計し動かすことでその動作を検証していきます。通信における信号の長距離伝送技術、信号を伝送しやすくするための信号変換・復元技術(変復調技術)、電磁波の性質やアンテナの基本原理といった無線通信技術などを体系的に学びます。● 高電圧プラズマ工学 (3年後期)● 通信システム (3年後期)● 組込ソフトウェア実習 (3年後期)卒業生の進路※課程・学科改組前の卒業生の就職・進学先を示しています。〈電気電子・情報システム工学科 電気電子工学コース〉 【民間企業】 アルプス電気/NTTドコモ/NTTファシリティーズ/鹿島建設/電源開発/東芝/東京エレクトロン/東北電力/トヨタ自動車東日本/東日本電信電話/東日本旅客鉄道 /日産自動車/日本電気/日本無線/日立製作所/富士電機/北海道電力/本田技研工業/三菱電機/盛岡セイコー/横河電子機器/ユアテック 【公務員】 盛岡市/八戸市/教員 【大学院】 岩手大学大学院/東北大学大学院担当教員メッセージ58IWATE UNIVERSITY 2017

元のページ 

page 58

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です