岩手大学 大学案内2018
51/104

先輩、このコースでどんなことしてるの?視力を回復させる治療法の開発を目標に研究を行っています。光受容能を持たない細胞に光感受性遺伝子を導入し、光感受性タンパク質を発現させることによって、新たに光受容能を賦与することができます。遺伝子導入した細胞にガラス電極を接着させ、光照射後の細胞の応答を細胞膜を通るイオン電流を測定することによって評価します。教授 冨田浩史視覚機能は日常生活に密接に関わっていますが、現状では、一旦失明に至ると視力を回復させる治療法はありません。当研究室では、人工網膜や遺伝子治療技術を用いて視力を回復させる治療法の開発を行っています。応用化学・生命工学科 (改組前の名称) 渡邊義人さん 〈宮城県仙台第三高校出身〉学びの分野物理化学/無機化学/有機化学/生命科学/神経科学/医工学生命コース脳機能の再活性化や感覚器の機能回復は、健康長寿社会の生活の質向上に直接関わっています。本コースでは、生命現象の基本原理の探求に取り組むとともに、福祉機器を含めた医療機器開発や医薬品開発などの医療技術の発展に貢献できる高度な専門知識を身につけた人材を養成することを目指します。医療技術の発展に貢献できる専門知識を身につけた人材を育成します。将来どんなことに役立ちますか?QQQAAA学科のギモン Q&Aどんな人がこの学科に向いていますか?高校生のうちにやっておくべきことって?化学コース:化学に関する事柄に強い関心を持ち、それらを解明しようとする探求心および諸課題を解決しようとする意欲を持つ人。生命コース:生命科学(生物学、医学など)全般に興味があり、粘り強く課題に取り組むことができる人。化学コース:基礎研究に必要な理学的知識や実用的ものづくりに必要な工学的技量を習得することで、世の中を支える研究者・技術者になることが可能です。生命コース:幅広い知識習得の他、研究計画立案から実行、データ解釈までを論理的に行う力も身につきます。化学コース:化学・物理・数学・英語などの科目をしっかり勉強するのはもちろんのこと、自然現象への興味を持ち探求心を養っておいてください。生命コース:理系の他の科目も幅広く勉強しておくとよいでしょう。英語もしっかり勉強しておいてください。PICK UP カリキュラム生命科学分野の理解に欠かせない遺伝子の構造と発現機構、細胞小器官や生体膜、細胞接着、細胞内外のシグナル伝達、細胞骨格などの他、免疫系、がん発現の分子機構について学びます。各種顕微鏡技術や画像処理、大規模遺伝子解析といった、分子から組織、器官レベルまで計測手法の原理と実際の他、シミュレーションを用いた解析方法について学びます。人体組織の欠損を補い、その機能を回復させるための医療技術である再生医療工学について、その背景となる正常細胞の分化・制御機構から、iPS細胞などの最先端分野まで学びます。● 分子細胞生物学 (2年前期〜3年前期)● 再生医療工学 (3年後期)● 生体計測工学 (3年前期)担当教員メッセージIWATE UNIVERSITY 201851

元のページ  ../index.html#51

このブックを見る