岩手大学 大学案内2018
50/104

先輩、このコースでどんなことしてるの?将来的な創薬化学の発展に貢献できるよう研究しています。アルテミシニンなどの環状ペルオキシドには抗マラリア作用などの特異な薬理活性が見られ、創薬化学の分野で世界的に大きな関心を集めています。私はかさ高い置換基によって安定化された環状ぺルオキシド類において薬理活性の持続が期待できると考え、様々な合成と薬理活性の評価を目標に卒業研究を進めています。教授 嶋田和明かさ高い置換基を有する環状ぺルオキシド類には化学的安定性と活性の持続性が期待されています。藤井さんは卒業研究の中でこのような新規環状ペルオキシド類の合成に熱心に取り組み、研究開始後半年程で徐々に成果を上げ始めています。応用化学・生命工学科 (改組前の名称) 藤井梨花さん 〈秋田県立横手清陵学院高校出身〉 定員90名化学コース「表面・エネルギー化学分野」(無機化学系)、「有機・高分子化学分野」(有機化学系)、「物理化学・化学システム分野」(物理化学系)の3つの教育研究分野において、基礎化学から応用化学までの高度な専門性を備え、地域や国際社会の持続的な発展に貢献できる化学技術者・研究者を育成します。基礎化学から応用化学までの高度な専門性を身につけます。化学・生命分野における技術開発に対して、課題解決能力を身につけた人材を育成します。化学・生命理工学科理工学部Faculty of SCIENCE & ENGINEERING化学・生命理工学科では、理学的な分野と工学的な分野に関する教育研究を行い、化学・生命分野における技術開発に対して課題解決能力を身につけた専門技術者、研究者および教育者を育成します。学科内に「化学コース」と「生命コース」を設置し、コースごとに高度な専門教育研究を行うとともに、コース間の連携による学際的な教育・研究も行います。「化学コース」では、表面・エネルギー化学分野、有機・高分子化学分野、物性化学・化学システム分野の3つの分野、また「生命コース」では、生体機能分野、細胞工学分野、再生医療工学分野、生命分子システム分野の4つの分野を柱としています。卒業生の進路※課程・学科改組前の卒業生の就職・進学先を示しています。〈応用化学・生命工学科〉 【民間企業】 NTT 東日本/TPR/岩手銀行/岩手中学・高等学校/岩手東芝エレクトロニクス/ウチヤ・サーモスタット/ウンノハウス/オリンパスソフトウェアテクノロジー/京野アートクリニック/銀河高原ビール/クアーズテック/三徳化学工業/ソニーストレージメディア・アンド・デバイス/大昌電子/東京エレクトロン/東京プロセスサービス/ニプロ/日本原燃分析/日立ソリューションズ東日本/藤倉ゴム工業/ホギメディカル/マイクロン秋田/三浦工業/盛岡セイコー工業/吉澤石灰工業/リードコナン/レジェンド・アプリケーションズ/ワイズマン【公務員】 青森県/岩手県教育委員会/国税庁仙台国税局/盛岡市 【大学院】 岩手大学大学院/筑波大学大学院/西オーストラリア大学大学院PICK UP カリキュラム分子の形を予測するための方法、酸および塩基に属する化学種、さらには酸化と還元についての元素の無機化学について理解を深め、無機物質の結合化学の流れを理解します。ギブズエネルギーの概念に基づいて導かれる相平衡と化学平衡の定量的取り扱い、化学反応速度論の考え方について学習。物質の基礎的諸性質と物理化学的諸法則について理解を深めます。自然界で、あるいは私たちの身の周りで有機化学がどのように関わっているのかを理解するために、有機化学の中心テーマである構造と反応性の関係を学びます。● 無機構造化学 (1年後期)● 有機化学 (1年後期〜2年後期)● 物理化学 (2年前後期)担当教員メッセージ50IWATE UNIVERSITY 2018

元のページ  ../index.html#50

このブックを見る