岩手大学 大学案内2017
35/104

人文社会科学部の教員は、人間の行動や文化を研究し、人文科学・社会科学・自然科学の幅広い学問分野を追求しています。日本では、「家族法って何ですか?」とよく聞かれますが、それが日本の家族法制度の置かれている現状だと感じます。多くの人が、夫婦や親子の問題は家庭内の事柄であり、口を出すべき問題ではないと考えているのです。そういう現状では、多発する夫婦や親子の問題について、みなで解決すべき課題だと認識することが困難になります。最高裁は、戦後、10件の違憲判決を下しましたが、直近の3件は家族関係の問題です。また東日本大震災の被災地では、深刻な家族問題を抱えています。家族問題への無関心が日本の家族法制度にいかなる影響をもたらしているのか、が現在の研究テーマです。環境中に放出された未知の化学物質を発見し、汚染拡大を早期に防ぐ研究に取り組んでいます。人類は自然界にはない数百万もの物質を手に入れ、豊かな生活を築きました。しかし現在の水環境中においては、医薬品、大陸から飛来する粒子状物質、海洋を漂流するマイクロプラスチックなど、多種多様な汚染物質の存在がわかってきました。当研究室では、北上川や三陸沿岸での水質調査を通じて、新たな化学物質による汚染実態や有害性を世界へ向けいち早く発信するとともに、フィールドで得た知見を基として地域社会におけるこれからの環境共生に寄与することを目指しています。外国法(とくにドイツ法)との比較法的な見地から、日本の家族法制度のあり方を研究。水環境中における未知の化学物質を調査。環境汚染の拡大を防ぐ。地域政策課程 教授 宮本ともみ 【民法(家族法)】地域政策課程 准教授寺崎正紀 【環境化学】地域政策課程地域政策課程地域政策課程● 教授/内田浩 【刑法】● 教授/菊池孝美 【国際経済論】● 教授/笹尾俊明 【環境経済論】● 教授/田口典男 【経営学総論】● 教授/竹原明秀  【植生科学・景観生態学】● 教授/開龍美 【環境文化論】● 教授/松岡勝実 【民法(財産法)・水法】● 教授/宮本ともみ 【民法(家族法)】● 教授/横山英信 【農業経済論】● 准教授/江原勝行 【憲法】● 准教授/河合塁 【労働法・社会保障法】● 准教授/杭田俊之 【理論経済学】● 准教授/齊藤彰一 【政治経済学】● 准教授/塚本善弘 【環境社会学】● 准教授/寺崎正紀 【環境化学】● 准教授/中島清隆 【環境政策論】● 准教授/西牧正義 【民法(財産法)】● 准教授/深澤泰弘 【商法】● 准教授/藤本幸二  【刑事訴訟法・法制史】IWATE UNIVERSITY 201735

元のページ 

page 35

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です