岩手大学 大学案内2017
31/104

文化に対する様々な角度からの学びと各自が定めた特定のテーマを深く研究することの組み合わせで、高度で深い理解力を養います。現代社会は経済のグローバル化やIT(情報技術)化、環境問題の地球規模化などに見られるように、大きく変化しています。この専攻は、現代社会の諸問題を多角的な視点から総合的に研究します。● 怪異に関する思想~「妖怪」に付された意味と託された役割 ● 日本文学におけるオノマトペ表現の英訳とその効果● 福沢諭吉の「学問のすすめ」と張之洞の「勧学篇」についての国民観の比較分析 ● 川上弘美の作家像● 英語形容詞の多義性について ● 『未来のイヴ』の女性たち:イヴの創造と死● 表現の自由に対する内容規制の許否 ● 夫婦財産制と税法の接点 ● 企業の社会的責任とグローバル化 ● 人民元の国際化について● 植生・景観構造が地域計画策定に寄与しうる可能性に関する研究国際文化学専攻社会・環境システム専攻国際化の要請に応え、幅広い教養に裏打ちされた実践的専門知識を。現代社会の諸問題を総合的に把握し、多角的な分析を行う。【院生の主な研究テーマ】【院生の主な研究テーマ】文化システム論領域欧米言語文化論領域対象領域を限定せず、システムとして捉えた文化現象の生成、表象、発展、伝播、変容などを、メディア、テクスト、ジェンダー、エスニシティなどの視点も織り込み幅広く研究します。欧米社会の史的展開を世界史の動向の中に位置付ける通時的研究と、欧米各国の文化現象が相互にどのような影響を与え合っているかを広域的・総合的観点から共時的に分析する研究を行っています。東アジア文化論領域芸術文化領域日本や中国など東アジア領域における伝統文化と現代文化を対象とし、思想・文学・言語・歴史などの視点から多角的に研究します。「芸術の担い手」を育成することを目的として、器楽・声楽・作曲・音楽学・絵画・彫刻・工芸・デザイン・美術史・書等の各芸術分野についての専門知識と技術・実践力を研究します。法学領域法律が社会生活を規制するしくみについての専門的知見を修得するための研究を行います。経済領域社会の今日的諸問題に対応するために、経済に対する幅広い知識と深い洞察力を養い研究を行います。環境科学領域自然科学と人文・社会科学諸分野の観点から、現代社会が直面する様々な環境問題を研究します。地域政策領域少子高齢化・地域格差・環境汚染など地域が抱える諸問題に対し、解決のための政策立案能力を養成します。IWATE UNIVERSITY 201731

元のページ 

page 31

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です