岩手大学 大学案内2018
20/104

学科・課程学科・課程の人材養成像学部学部・学科・コース INDEX教育学部Faculty of EDUCATION理工学部Faculty of SCIENCE&ENGINEERING農学部Faculty of AGRICULTURE人間文化課程地域政策課程化学・生命理工学科学校教育教員養成課程人間が創造してきた様々な文化とそれらの文化を担ってきた人間の行動の多角的な教育・研究を通じて、グローバル化を踏まえた地域の文化活動やスポーツ活動などによる地域づくりや住民の心身の健康向上、すなわち「地域住民の生きがいづくり」による地域社会の発展と向上に貢献できる人材、および地域の文化を世界に向けて発信できる人材を養成します。教師として成長していくための基盤(教師に必要な専門知識や子ども支援の方法など)を身につけるとともに、教師への意欲を高め、「未来を担う子どもたちを育てる!」ことを真剣に考える創造性豊かな人材を養成します。●講義と教育実習が有機的に結びつき、学生が自らの学びを省察しながら教師とし ての自信を深めていくことのできるカリキュラムを構築します。(理論と実践の往還)●学校現場における観察実習→体験実習→教壇実習を4年一貫教育実習システ ムとして確立し、実践的指導力の強化・充実を図ります。●教育や子どもに関する基礎化学、特別支援教育、各教科の教育内容およびその 背景となる諸学問などから自分自身の研究テーマを設定し、深く学ぶことによって 教師としての能力の向上を図ります。物質科学と生命科学に関する基礎知識と両分野における最先端の技術開発に必要な、基礎力、総合力、および展開力を兼ね備えた専門知識を有する人材を養成します。数理科学、物理科学、物質科学、材料工学の基礎力と専門知識、それらを駆使して具体的な課題に対応できる総合力、様々な課題へ取り組める展開力を兼ね備えた人材を養成します。電気、通信、情報、機械、社会基盤などの工学的要素や技術を複合・統合して、社会で要求される様々な工学システムの開発・設計・製造に関する次世代科学技術を創出できる人材を養成します。植物生命科学分野の強化により、持続的な食料生産の基礎から応用までの一貫した専門性の高い教育・研究を行うことで、植物生命科学と農学に関する専門知識を身につけた人材を養成します。食と医を通じた生命科学の強化により、化学的視点から生物資源の有効利用と生物間の環境修復に貢献できる人材を養成します。日本技術者教育認定機構により認定されたJABEE教育プログラムを基に、森林資源の管理と利用、さらには自然生態系の保全や災害対策などの幅広い知識と技術を身につけた人材を養成します。食料生産基盤の維持、地域農産物や地域水産物の6次産業化といった食料生産と地域づくりを通した地域創生に貢献できる人材を養成します。草地学分野の強化により、総合的に動物科学分野を学ぶことで、動物関連産業の発展と生命科学に関する高度な科学技術開発に貢献できる人材を養成します。東京農工大学との大学間共同教育システムを活用し、基礎から応用まで幅広い獣医学の知識と技術を身につけた人材を養成します。持続可能な社会づくりの課題に、法・経済・環境の総合的視点から取り組み、地域社会に貢献できる人材を養成します。人文社会科学部Faculty of HUMANITIES & SOCIAL SCIENCES物理・材料理工学科システム創成工学科植物生命科学科応用生物化学科森林科学科食料生産環境学科動物科学科共同獣医学科20IWATE UNIVERSITY 2018

元のページ  ../index.html#20

このブックを見る