岡山大学 大学案内2018
7/86

International Exchange国際交流特集 4岡山大学が実施している国際交流の取り組み語学研修グローバル人材育成特別コースEPOK(交換留学)Exchange Program Okayama グローバル・パートナーズでは、海外大学等との国際交流協定の締結や、岡山大学短期留学プログラム(EPOK)・海外語学研修による学生の海外派遣、本学に入学予定の外国人留学生の渡日支援及び修学支援のための各種情報やサービス提供を担っています。また、平成25年4月からは、グローバル人材育成院を設置し、実践的な英語力とコミュニケーション力を身につけるとともに、異文化と日本文化への理解を深めてアイデンティティーの形成を図り、グローバルに活躍できる中核的人材の育成を目指しています。 岡山大学の正規学生を対象に実施している交換留学の制度があり「岡山大学短期留学プログラム」(英文ではExchange Program Okayama: EPOK イーポック)といいます。 この制度の特色は、岡山大学に授業料を支払っていれば協定大学での授業料は免除となります。また、協定大学において取得した単位は、本学における履修単位として認定できる場合もあり、留学期間は修業年限に含まれるため、学部によっては留年せずに卒業することが可能です。毎年多くの学生が、海外の協定大学(14ヵ国44大学 平成29年3月現在)に6ヵ月から1年間留学しています。 平成28年度の派遣は41名で、平成29年度も同数程度の派遣が見込まれ、この制度を利用してすでに365名の学生を協定大学に派遣しています。本コース(副専攻)のコア・カリキュラムは、異文化の理解、コミュニケーション力の育成、日本及び地域文化の理解、日本の自然及び地域産業に関する理解などのリベラルアーツ、並びに最先端のテーマを扱う専門教育科目を骨子として、全20~23単位で構成されています。 グローバル・パートナーズでは、毎年、大学の春休みや夏休みの期間を利用した海外における語学研修・サマー/スプリングスクールを企画・実施しています。この語学研修・サマー/スプリングスクールでは、大学に附属する語学学校等において、集中的な英語の授業を毎日受講します。この授業に加え、現地の文化的な施設や観光スポットの訪問、他の学生との交流イベント等の課外活動もあり、英語を使いながら現地の生活を楽しく経験できるプログラムとなっています。また、英語で提供される講義を受けたり、フィールドワークに参加したりし、英語を使いながら学ぶタイプのプログラムもあります。 岡山大学の学生であれば誰でも参加でき、学年などは問いません。平成28年度は308名の学生がこの語学研修に参加しています。1TOEIC L&R IPによるTOEIC L&R IP 8005特集3ー国際交流 OKAYAMA UNIVERSITY 2018 特集3 国際交流

元のページ  ../index.html#7

このブックを見る