岡山大学 大学案内2018
60/86

環境理工学部Message from Dean! 環境デザイン工学科4年次生八幡 昌樹YAHATA Masaki静岡県清水東高等学校卒業未来に残そう豊かな地球! 私たちを取り巻く地球環境は、刻々と深刻化しており、その対策は待ったなしです。そのためには、現状を正しく分析し、将来を的確に予測すること、その結果に基づいて処方箋を作り、そして行動することです。科学技術だけにとどまらず、政治や経済などの様々な分野の考えを取り入れた斬新な発想と力強い行動力が必要です。環境マインドを持った皆さんの若い力を結集し、地球を救おうではありませんか。 集え! 環境理工学部へ!KIMURA Kunio環境理工学部長木村 邦生学部長からのメッセージFaculty of Environmental Science and Technology環境理工学部は、工学、理学及び農学の3つの側面から、自然の中で人間が調和して生きる、豊かで快適な環境を創造するための教育と研究を実践しています。ぜひ、皆さんも環境理工学部に入学し、国内外で活躍できる環境スペシャリストを目指しましょう!環境理工学部より良い地球環境の創造に挑む!持続可能で環境に配慮した社会基盤づくり 大きくて美しい、地域の人に愛される橋を自分で設計できるよう勉強しています。そして、環境負荷低減技術で経済発展を持続可能とする都市づくりに貢献できるエンジニアになることが私の夢です。 わが国は、国道と地方道を合わせて121万kmの道路が整備されています。そのうち0.8%の高速道路で、3兆円にも及ぶ大規模更新および修繕計画が必要であるとされています。 岡山大学は国内の重要なインフラを高い水準で維持、管理するためのナショナルプロジェクトに参画しており、恵まれた環境で、現在、多くの企業の研究者の人たちと高耐久性コンクリートを用いた構造物の設計手法を開発しています。 私たちと一緒にこの学科で研究してみませんか。

元のページ  ../index.html#60

このブックを見る