岡山大学 大学案内2018
6/86

      OKAYAMA                ポートランド州立大学 ストラスプール大学 ピッツバーグ大学    グローバル・ディスカバリー・プログラム  医療工学分野3×3教育(3基幹力の修得と3側面の経験)3基幹力(3 powers)PRIME地域・世界とのシームレス連携教育橋渡し専門教育地域社会国際社会グローバル実践型教育リベラル・アーツ教育語学力強化(3 faces)3側面教養力語学力専門力異社会異分野異文化特集 3 平成26年9月、世界レベルの教育研究を行う大学や国際化を牽引する大学を支援する、文部科学省の「スーパーグローバル大学創成支援事業」に岡山大学の構想が採択されました。本事業は「大学改革」と「国際化」を断行し、国際通用性、ひいては国際競争力の強化に取り組む大学の教育環境の整備支援を目的に、平成26年度から最大10年間に渡り実施される事業です。地域、そして日本のグローバル化を牽引する大学として教育改革を進め、世界に存在感を示す大学になることをめざします。「スーパーグローバル大学」としてのアクションプランAction Plan as the Top Global University ProjectPRIMEプログラム(PRactical Interactive Mode for Education)世界で活躍できる「実践人」を育成する!「グローバル実践人」を輩出123グローバルに通用するリベラル・アーツ教育と英語で語れる語学力強化・グローバル実践型教育(文理融合)グローバル・ディスカバリー・プログラム(文理融合)医療工学分野の強化(異分野融合)グローバルな現場で通用する実践知を涵養する教育基盤知識・行動ベースとした国際社会に繋がる橋渡し専門教育iPathwayinteractive Pathway自治体、企業、NPOの教育への参画※実践人とは、実践の現場で適切な判断をくだすことができる能力(実践知)を有する人社会と共に育てる自治体、企業、NPOの教育への参画専門分野間の双方向の交流と異動異分野間の教育展開を生み出し、教養教育と専門教育との橋渡し教育を行い、国際社会に繋がる「多様な専門知識」を有したグローバル人材の育成を支援留学派遣・受入シェアハウス(新営)学修環境の整備・拡充(L-café、ラーニング・コモンズ)日々の異文化体験どのような学生を育てるのかグローバル化が進む中、岡山大学の学生には「得意力」を身につけてほしい 岡山大学の構想「PRIMEプログラム~世界で活躍できる『実践人』を育成する!~」では、語学力強化や地域でのフィールドワークを含む実践型教育を通じて、社会に役立つ「実践人」を育成することをめざしています。「実践人」とは、現場で適切な判断を下すことができる能力(実践知)を持つ人のことです。 グローバル化に英語は必須です。しかし、まず、母国語(日本語)で思考を整理し表現する力を身につけることが肝要です。また、わが国の歴史や文化、普遍的な価値観を学ぶとともに、世界には様々な考えがあることを知らねばなりません。そして、異なる価値観をもった世界の人々に英語で自分の考えを説明し、納得してもらうことが大切です。岡山大学での教育プログラムを通して、岡山大学の学生には、自分の「得意力」を身につけ、世界中のどこにおいてもその力を発揮できる人を育てたいと考えています。4 OKAYAMA UNIVERSITY 2018 特集2ー「スーパーグローバル大学」としてのアクションプラン特集2 「スーパーグローバル大学」としてのアクションプラン

元のページ  ../index.html#6

このブックを見る