岡山大学 大学案内2018
54/86

薬学部創薬科学科研究者のための4年制コース薬学科薬剤師を目指す6年制コース学科紹介 生命の仕組みと病気の原因を解明し、薬を創る研究者を育成するための4年制のコースです。特に、生命科学とその研究手法について、基礎から先端まで、深くかつ広範に学び、研究者としての基盤を作ることに重点が置かれています。そのため、化学・生物・物理に加えて「薬」に関係する様々な選択科目および実験・実習(研究)に多くの時間が充てられ、他学部にない特色あるカリキュラムが組まれています。本コースでは、3年次生1学期からの実習に引き続き、3年次生4学期に研究室配属が行われ、4年次生に卒業論文実習を行います。学部卒業後は、研究の技術や知識の専門性を高めるため、大学院博士前期課程(2年)さらに博士後期課程(3年)へ進学することができます。 それぞれの課程を修了することにより、修士、博士の学位を取得することができます。学位取得後は、幅広い知識を基盤に、高度な専門性をもち研究能力に富む研究者として、また創薬開発に携わる企業人として、広く社会で活躍することが期待されます。国内・国外を問わず、製薬企業・大学・研究所などの研究開発職、あるいは生命科学にかかわる職業への道が開かれます。 薬剤師を養成するためのコースです。さらに、薬剤師の資格を取得した上で大学院博士課程(4年)へ進学し、「博士」の学位を有する研究者を目指すことも可能です。医療の一翼を担う「薬剤師」には、薬学の知識を国民の健康確保のために、最大限に活用するという社会的使命があります。 薬学科(6年制コース)では、薬剤師としての専門的な知識と技能および態度を修得するため、病院と保険薬局での実務実習が大幅に増えました。4年次生(実務実習前)に患者さんへの接遇法などの事前教育を受講した後、5-6年次生に病院実習(2.5カ月)と保険薬局実習(2.5カ月)を行います。一方で、このような実習がない時期には、各研究分野の研究室で研究(卒業論文実習)を行います。 疾患ごとに高度に細分化された現代医療では、専門領域における知識、技能を備えた薬剤師、いわゆる専門薬剤師の必要性が高まっており、認定制度がスタートしました。こうした社会的ニーズに応えるために、岡山大学薬学部では「救急薬学」「疾患薬理制御科学」「腫瘍薬物療法学」「臨床精神薬学」「臨床薬物動態学」の、5つの新たな研究室が設立されています。さらに指導的な立場で活躍できる先導的な薬剤師を育成するために岡山大学病院とも教育・研究について連携しています。

元のページ  ../index.html#54

このブックを見る