岡山大学 大学案内2018
52/86

薬学部Message from Dean! 創薬科学科3年次生宮里 萌花MIYAZATO Moeka兵庫県姫路西高等学校卒業情熱と科学の力で人々の健康に貢献岡山大学薬学部で学び、夢を現実に! 薬学部では、「薬」を生み出すために必要なこと、「薬」を適正使用し、人々の健康維持に寄与するために必要なことを教育・研究しており、多くの卒業生が、大学、製薬企業、病院等の第一線で活躍しています。 病の謎を解き明かすこと、ひとつの「薬」を生み出すこと、人々の病を治すこと、これらはいずれも大変なことです。 是非、情熱をもって、薬の創製、医療の担い手を目指し、岡山大学薬学部に挑戦してください。 薬学部は、物理化学や生物化学などの基礎分野から、薬理学や薬剤学といった専門分野に至るまで、幅広い学問を多面的に学ぶことができるといった点で、非常に魅力的な学部です。また、研究室配属後は、個々がそれぞれのテーマに沿った研究をし、さらに理解を深めることができます。私は入学当初は、明確な目標が定まっていませんでしたが、様々な分野の学問に触れていくうちに、少しずつ将来の展望が見えてきました。さらに薬学部には、志が高い仲間がたくさんいるので、互いに切磋琢磨し合いながら夢に向かって歩み続けることができます。岡山大学薬学部の素晴らしい環境で、人々の健康を支える薬学を、私たちと共に学びませんか?HIGAKI Kazutaka薬学部長檜垣 和孝学部長からのメッセージFaculty of Pharmaceutical Sciences薬学は、化学をはじめ生物学や物理学などの基礎科学からバイオテクノロジーなどの応用科学までも含んだ生命科学であり、人間の生命・生活にとって有益な「薬」を開発、製造、適正使用するための科学技術の基本となる学問領域です。薬学部分子の力で生命の謎に挑み、医療に貢献する

元のページ  ../index.html#52

このブックを見る