岡山大学 大学案内2018
48/86

歯学部Message from Dean! 歯学科6年次生飯塚 基晴IIZUKA Motoharu愛知県横須賀高等学校卒業地域・世界で活躍できる歯科医師に!実践的な環境の中で学べる臨床実習 岡山大学歯学部は、「少子高齢化による社会のニーズの多様化と国際化が急激に進む中で、歯科医師が医療や社会に貢献すること」を考えた教育を行っています。そのために早期見学実習、教養教育科目、課題解決型科目、医学講義、歯学講義・実習、老人介護施設実習、周術期実習、そして臨床実習がシームレスに繋がるカリキュラムを作り上げました。地域社会や世界で貢献できる歯科医師はもちろん、教員、研究者や医療行政者を目指し、岡山大学歯学部で一緒に学びましょう。 歯学部では、5年次生の夏に実施される全国的な試験(CBTとOSCE)に合格すると、秋から1年間、大学病院での臨床実習が行われます。ここでは、実際に各学生が40人程の患者さんを担当し、それぞれの患者さんに合わせた治療計画を立て、指導医の先生と共に診療に臨みます。実際の臨床現場から学ぶことは非常に多く、これまでの座学とはまた違った成長ができていると感じます。学生のうちからこれほど多くの患者さんに接することのできる環境は、岡山大学歯学部の大きな魅力であると思います。臨床実習に協力的な患者さんと熱心な指導医、そして切磋琢磨できる仲間たちが揃い、自分自身を大きく成長させてくれる環境がここにはあると感じています。学部長からのメッセージDental School課題解決型高度医療人育成プログラムの拠点校として、超高齢社会を迎えた地域のニーズに応える一方、双方向短期留学制度ODAPUS等によってグローバル化に対応するなど、常に新しい医療のニーズを先導する教育研究改革に挑んでいます。歯学部先進的かつ患者さんに寄り添う歯科医療の提供!ASAUMI Junichi歯学部長 浅海 淳一

元のページ  ../index.html#48

このブックを見る