岡山大学 大学案内2018
38/86

経済学部コース(モジュール)紹介経済分析モジュール経済を理論とデータで捉えよう政策モジュール身近な経済問題を楽しく学ぼう国際比較モジュール歴史と地域を軸に学ぶ比較経済組織経営モジュール現代のマネジメントを学ぶ・考える会計学モジュール幅広い素養と深い専門性によって、的確な判断力を身につけよう社会人基礎モジュールグローバルな舞台で活躍する力を身につけよう!夜間主コース4年で卒業、授業料は昼間の半額 経済法則を体系化した理論とデータを用いて経済現象を分析するために必要な知識や方法を習得します。経済活動の仕組みを描写する基本的な原理や、経済データを適切に読み解く上で欠かせない道具となる統計的手法を始めとして、経済現象への分析力を培う科目が設けられています。現実社会の抱える経済問題を理論とデータから多面的に捉える能力を身につけたい人向けです。 最新の経済理論を用いることで、論理的な思考に基づいた経済現象の本質的理解が進みます。また、データに基づいた分析を行うことで、客観的に物事を把握する目が養われます。対象とする分野は、財政、金融、環境、都市、労働、社会保障、国際経済など、実生活に密接に関係する事象を多数扱います。社会を見る幅広い目と物事の本質を客観的・論理的に把握する能力を養いたい人向けです。 経済のグローバル化を理解するために有効な方法が比較です。ここでは、「地域」の視点から、世界経済論、ヨーロッパ経済論、現代中国経済論などを学び、国際経済の現状を認識します。また「過去と現在」の視点から、経済史(欧米・東洋・日本)、経済思想史、経済学史などを学び、過去と照らし合わせて国際経済の現状を相対化します。経済のグローバル化をより深く理解したい人向けです。 民間企業や非営利組織(NPO)など、我々を取り巻くさまざまな組織に関わる幅広い問題を考察し、組織現象への洞察を深めることを目指します。経営戦略論・経営組織論・組織行動論・リーダーシップ論・日本企業論・国際経営論・マーケティング論・ファイナンス論などの経営学の主要な科目を学び、経営学の視点から問題解決能力を養い官・民の実務界で活躍したい人向けです。 企業会計は、経済社会において重要な役割を果たしており、上場会社等の経営の現状や日本経済を理解するうえで、必要な学問領域となっています。社会で生起している経済事象に目を向けながら、会計学の基本的な考え方や企業会計制度などについて、体系的に学習するためのカリキュラムが設けられています。在学生や卒業生の中から公認会計士試験合格者や簿記検定試験1級合格者を輩出しています。 「社会人基礎力」、「外国語コミュニケーション能力」、「異文化理解力」からなるグローバル人材力を育成する科目群です。社会人基礎力を涵養する「実践コミュニケーション論」、実践的な上級英語力の育成を目指す「各国経済・ビジネス事情 in English1・2」、専門分野に関わる英語力の強化を目指す「経済英語Ⅰ・Ⅱ」、中国・韓国の経済・社会・文化をより深く学ぶ「隣人を知ろう!」学生交流プログラムなどがあります。 本コースは、4年間で卒業することができます。また、本コースの授業料は昼間コースの半額です。昼間コース・法学部・放送大学の科目も一定範囲内で履修できます。勤務等の都合がある学生には、5年間で卒業する長期履修制度もあります。多様な人との出会いや交流があり、学修とは別に幅広い学生生活を体験できることが本コースの特色です。 平成28年4月から「総合学修コース」と「実践力強化コース」の2コースを導入しました。昼間コースモジュールとは… 新カリキュラムでは、昼間コースの多数の専門科目について、2~6科目からなるユニットにまとめています。このユニットについて、内容や特色の近いものどうしを3~5単位にまとめています。これをモジュールと呼んでおり、系統履修や横断履修をやりやすいようにしています。

元のページ  ../index.html#38

このブックを見る