岡山大学 大学案内2018
30/86

教育学部教職相談室の風景小学校教育コース特別支援教育コース中学校教育コース幼児教育コース学校教育教員養成課程専  修教育学、教育心理学、国語教育、社会科教育、数学教育、理科教育、音楽教育、美術教育、保健体育、家政教育、英語教育、特別支援教育、ものづくり・情報教育、地域教育専  修国語教育、社会科教育、数学教育、理科教育、音楽教育、美術教育、保健体育、家政教育、技術教育、英語教育、地域教育4つのコースと専修養護実践力を構成する4つの力を育成(実習は段階的に設定)全学教職コア・カリキュラムコーディネート力マネジメント力健康教育力保健管理力養護実習(観察・参加実習)フィールド・チャレンジ養護実習(観察・参加実習)介護等体験養護実習・看護実習・臨床実習教育実習(保健)・教職実践インターンシップ4年次3年次2年次1年次課程・コース・専修紹介教師教育開発センター “教師になる夢の実現をサポート” かけがえのない子どもを次世代の担い手に育てるために、子どもの発達過程を見通し、教育に関わる専門的知識と実践的指導力を持つ教員を養成します。 本課程には、小学校教育、中学校教育、特別支援教育、幼児教育の4コースがあります。学生は入学後より、右図に示すような各専修に配属され、それぞれ独自のカリキュラムのもとで指導を受けます。 小学校教育コースおよび中学校教育コースでは、専修の関係講座の教員による指導を受けます。 平成30年度より、「岡山県北地域教育プログラム」を新設します。「地域とともにある学校づくり」や「学校を核とした地域づくり」の推進、「社会に開かれた教育課程」の実現を目指したカリキュラムの構築など、岡山県北地域における学校との協働のあり方について、具体的な事例を通して実践的に学びます。学校教育教員養成課程子どもの発達段階に応じる教員養成養護教諭養成課程見守る・はぐくむ。心とからだ。 本課程は、国立大学法人では中四国唯一の養護教諭を養成する専門課程です。養護教諭は、学校生活のあらゆる場で子どもたちの健康課題に対応し、生涯にわたって健康に生きるための学校保健活動を推進する中核的役割を担っています。 本課程では、養護教諭に求められる養護実践力を構成する4つの力を「保健管理力」「健康教育力」「コーディネート力」「マネジメント力」と設定し、体系的なコア・カリキュラムで教育しています。大学での授業と、「フィールド・チャレンジ」などの体験的活動、「養護実習」や「教職実践インターンシップ」を通して、学校現場で子どもたちとふれ合い、実践的な指導力の基礎を学習するなど、理論と実践の両面から学ぶことで、専門職としての養護教諭を育てています。 教師教育開発センターは、岡山大学で教職をめざす学生の皆さんを支援する全学組織です。次のような活動を通して、教職をめざす皆さんの夢の実現を支え、開放制教職課程の質保証に取り組んでいます。 ①全学教職コア・カリキュラムの開発・実施  開放制教職課程の核となる「全学教職コア・カリキュラム」を開発・  実施し、教職に対する深い理解と確かな実践力の成長を支えます。 ②教職相談  教員採用試験(小論文、面接を含む)に対する支援、  学校の今日的課題を議論する教師力養成講座を行います。 ③学校へのボランティア活動の支援  岡山県・市教育委員会との連携協力事業への参加を呼びかけたり、  学校でのボランティア活動を紹介・支援します。 ④理数系教員(CST)養成プログラムの開発・実施  理科教育を推進できる教員を養成するための講座を実施し、学生や  現職教員の指導力向上と理科教育活性化のための支援を行います。

元のページ  ../index.html#30

このブックを見る