岡山大学 大学案内2018
24/86

文学部Message from Dean! 人文学科哲学・倫理学分野(哲学領域) 2年次生徳永 秀人TOKUNAGA Hideto高知県土佐高等学校卒業文学部人間を見つめて 知を立ち上げる確かな思考と表現の力を身につける!人間や社会について問い直す 文学部の専門分野は多岐にわたります。もっぱら文献を読む分野、地域の人々と語り合う分野、実験を重視する分野―しかし、その根底にあるのは「人間とは何か」という根源的な問いです。私たちはかつてなかった変化のスピードのなかで生きています。昨日の常識は、もう明日の非常識であるかもしれません。そうしたなかで、何が大切なことなのかを自ら考え、表現する力が私たち一人一人に求められています。卒業論文に至る学びのなかで、文学部の学生にはきっとその力が身につくことでしょう。 文学部では1年次から、語学や情報教育など実践的な学修に取り組める環境が整っています。また、学部・分野を横断した学際的な授業の数々により、人間や社会について様々な角度から考察を深められるので、変化が激しく価値観が多様化したと言われるこの時代においても、物事をしっかりと自分の目で見て判断し、自分の足で歩んで行けるだけの教養や実践知を身につけることができます。 自分が社会に出た時、この世界がどうなっているのかなんて断定することはできません。それでも、知の最先端を行く優れた先生方の下で人間や社会について学び、考え抜いたその過程は、きっとどんな時でも私たちの背中を押し続けてくれることでしょう。KANASEKI Takeshi文学部長金関 猛学部長からのメッセージFaculty of Letters科学技術の急速な発展やグローバル化の進展の中で、「人間とは何か」という問いが、以前にも増して重要になっています。私たちの学部は、この根源的な問いに、人文学の様々な分野から総合的にアプローチすることを特色としています。

元のページ  ../index.html#24

このブックを見る