岡山大学 大学案内2018
2/86

しなやかに先駆するグローバル実践人に 11学部を基本とし、充実した研究科と世界に誇る研究所を有する岡山大学。広大なキャンパスは緑にあふれ、有名建築家による美しい建造物も配置されています。新幹線をはじめ中四国の交通の要である岡山駅に近く、おだやかな気候風土にも恵まれ勉学に集中できる環境です。 岡山には古くから学問を尊ぶ気風がありました。江戸時代初期創設の藩校や閑谷学校、明治時代初期創設の岡山藩医学館などは当時の先駆的な教育機関です。さらに岡山では、 実学、すなわち社会生活で実際に役立つ学問を重視する先人たちが数々の功績を残してきました。岡山大学は、歴史ある高等教育機関群を祖としており、その源流には実学があると私は考えています。 2013年、本学は文部科学省「研究大学強化促進事業」の対象機関に選定され、2014年には文部科学省から「スーパーグローバル大学」の指定を受けました。世界水準の研究をけん引する教授陣、産学官連携の実践的な研究、学部横断型のプログラムなど、学生の知的好奇心を刺激し可能性を広げる環境が整っており、教育・研究機関として高い評価を得ています。 今後、ますます複雑な課題に直面していくであろう人類社会。求められるのは「社会のための科学」です。実学を重んじる地に根づいて発展してきた岡山大学は、未来を見据えてグローバルに活躍できる実践人の育成に力を注いでいます。 実践人とは、現場で適切な判断を下すことができる能力―実践知―を有する人。実践経験と豊かな教養、高い専門性が実践知を支えます。本学は総合大学の強みを生かし、学部を超えたプログラムを導入・拡大。多くの留学生を受け入れ、日本人学生の海外留学も支援しています。地域と連携し、ESD(持続可能な社会づくりの担い手を育む教育)にも早くから取り組んできました。 皆さん、岡山大学の良さや強みを十二分に活用し、一歩前へ踏み出してください。他の学生、他の学部、或いは地域とつながり、知恵を出し合い、異分野の融合や新しい概念の創出を試みてください。その中で身につけたしなやかさは、来たるべきAI時代にも確固たる存在感を発揮する力となるでしょう。 教育とは「好奇心の種」を蒔くこと。自ら考え行動する学生を、私たちは全力で応援します。皆さんの中にある種が芽吹き、実を結ぶことで次の種も育っていく。それが、岡山大学の目指す「実りの学都」です。地域へ、社会へ、世界へ、この岡山大学から飛び立ちましょう。岡山大学長           

元のページ  ../index.html#2

このブックを見る