大阪大学 大学案内2019
79/84

理学部 生物科学科 生物科学コース2年生大阪教育大学附属天王寺高校 出身●●●おすすめの1冊/『面白くて眠れなくなる生物学』長谷川英祐著●●●おすすめの1冊/『人間の大地』犬養道子著座右の銘/文武両道座右の銘/過信せずに自信を持て(高校の先生にいただいた言葉)尊敬する人/山中伸弥先生(中高の先輩で何回か講演も拝聴)尊敬する人/部活の先輩法学部 国際公共政策学科2年生奈良女子大学附属中等教育学校 出身河村 小雪木本 雄大※即興型英語ディベート。ある議題に対して肯定・否定チームに分かれ、それぞれのチームが第三者を説得させるもの。●●●おすすめの1 冊/『夢をかなえるゾウ』水野敬也著座右の銘/人生一度きり尊敬する人/イチロー選手工学部 応用理工学科2年生大阪府立四條畷高校 出身三宅 美咲PROFILEプロフィール次のページへ続く気持ちをもって!河村:わかります!私も、大阪大学で学びたいという強い気持ちが通じた気もします。三宅:学部や受験者によって違うと思いますが、私が受験した面接では、高校のときにどのような研究をしたか説明したり、課外活動に関することを聞かれたりしました。「めっちゃ話せた~」って、すごく楽しく終われて、いい経験になりました。河村:私は面接の準備は少しだけしていたけどそれは使わず、教授とミニ学会をしているような面接でした。アカデミックな対話をして、終わった感じです。木本:僕はAO・推薦入試では、向こうが求めているような答えを言っているようじゃ、たぶん受からないと思って。そのために、自分はこういう人柄で、こういうことをしてきて、これからこういうことをしたくて…みたいなことをきちんと言葉にできるようになろうと。そうすれば熱意も伝わるので。だから、自分が高校時代にいろいろしてきたことって、ぼんやりしているのがみんなほとんどだと思うんだけど、それを一回ノートに書いて共通性を見つけたり、自分はどういうことに興味があるのかを分析してみたりした。結局、自分は何が好きなんだろうって振り返ってみるのがAO・推薦入試の受験勉強だと思う。あとは、アドミッション・ポリシーをしっかり読むこと!それが自分と合っているかどうかが大事だと思うので。受験勉強も研究も…。時間の管理は?木本:「期限意識」をずっと持っていたかな。通っていた予備校が、自分で計画を立てて、自分で勉強する、みたいなところだったので。三宅さんは?三宅:「量より質」をものすごく意識していました。先輩に教えてもらった参考書を何冊も解くのではなく1冊をやり切るのを繰り返したり、模試も受けるだけではなく復習もしたりして、模試の時間もムダにしないようにしていました。河村:私は予備校の自習室でしか勉強しないと決めていました。学校が終わったらすぐに自習室に行って、だいたい22時ぐらいまでやって、終わったら夜は絶対勉強しないと。自習室にいるあいだは受験勉強で、そのあとは理学部のホームページを見たり、AO・推薦入試や自分の研究について考える時間にしていました。キャンパスライフは充実している?河村:部活とバイトと勉強しかしていません。三宅:充分じゃない(笑)?河村:私は生活のほとんどが部活。ちなみに体操部で、オリンピックの種目でもある器械体操をやっています。木本:僕はE.S.Sに所属しています。ディベートにのめり込んでいて、パーラメンタリー・ディベート※をずっとしています。河村・三宅:格好いいですね!河村:勉強面でいうと、1年生では物理や数学にわりと苦しみました。でも、あとあと役に立つものばかりなのだろうと思いながらがんばりました。2年生からは専門が多くなって、時間割も自由に組みやすくなるから、一般教養とか興味のある地誌学とか、いろんな学部の講義を聞きに行こうかなと思っています。三宅:違う学部の講義も受けられるのは、総合大学の大きなメリットですよね。河村:そうそう!社会人として知っておいたほう77特集教育システム教育環境入試情報・資料請求インフォメーション

元のページ  ../index.html#79

このブックを見る