大阪大学 大学案内2019
78/84

※CanSat(カンサット)。空き缶(Can)サイズの衛星(Satellite)で、模擬人工衛星。各種センサーを備え、観測などを行う。私たちがAO・推薦入試を選んだ理由主体的に学びに取り組む人を評価するAO・推薦入試。その入学第一期生である3人に、受験した理由や現在のキャンパスライフについて語ってもらいました!DESTINATIONOsakaUniv.Ticket to enter Osaka UniversityAO・推薦入試を受けたきっかけは?三宅:もともと大阪大学工学部に興味があり、情報を調べていく中でAO・推薦入試のことを知りました。私が通っていた高校が文部科学省のSSH(スーパーサイエンスハイスクール)に指定されていて、自由研究を積極的に実施していました。私も自由研究をしていたので、面接でアピールできるかなと思い受験しました。木本:どんな研究をしていたの?三宅:友達と二人で「カンサット※」を真似て「パラサット」と名付けた研究をしていました。パラシュートをつけた缶の中に加速度センサーを入れて、建物の上から落下させて落下時の加速度を測定する研究。人工衛星の研究がしたかったけど高校では設備面などで難しくて、缶で作って落下させる研究なら工夫すればできるかなと。河村:私も三宅さんとほとんど一緒なんですが、SSHで自主研究していて、ミドリムシ食品が好きだったので研究テーマは「ミドリムシの乳酸菌活性化作用」。ミドリムシヨーグルトを作って、そのメカニズムを調べました。じつはミドリムシは好きだけど、ヨーグルトは苦手なんですが(笑)。自分がしてきた自主研究で面接してもらえるなら、チャレンジしてもいいかなと思って受験しました。私の受けた試験は筆記試験がなく、受験勉強への負担も軽かったので。木本くんはどうして受けようと思ったの?木本:このなかで僕だけ文系だから少し違う感じだけど、高校時代はずっとサッカーをしていて、他にも興味があることをいっぱいしてました。留学に2回ほど行ったり、映像制作が好きだったからドキュメンタリーを制作してコンテストに出したり。そういう経験を生かせるところはないかと探して見つけたのが大阪大学のAO・推薦入試。学力はもちろん、それ以外のところも見てくれると思ったから挑戦してみようって。もともと大阪大学の一般入試を受験するつもりだったけど、ちょうどAO・推薦入試の出願期限3日前ぐらいに映像コンテストの入賞がわかって、これはもう受験するしかないなと(笑)。面接への準備としてどんなことをした?三宅:何を聞かれるかわからないから、今まで自分がしてきたことを明確に伝えられるようにということと、あとは大阪大学での学びや研究をしっかり調べて…。最終的には、大阪大学で学びたいという気持ちと、大阪大学が大好きですっていう76

元のページ  ../index.html#78

このブックを見る