大阪大学 大学案内2017
50/84

 近年、クリーンな電気エネルギーが望まれています。その最有力候補が、無限に降り注ぐ太陽の光から電気を作る太陽電池エネルギー。この太陽電池をもっと簡単に、安価に作るための研究が進められています。なかでも、有機物から作る太陽電池が、“塗って作れる”太陽電池として注目されています。 本研究科の電気電子情報工学専攻は、世界で初めてプラスチックの太陽電池を提案。現在では、フタロシアニンという有機分子から、“塗って作れる”高性能太陽電池を作ることに成功しました。フタロシアニンは、新幹線車体の塗装やCD-Rの光記録材料としても使われている、たいへん丈夫で安価な材料。さらに、分子が自身の力で勝手に並んでくれる「自己組織性」も持っています。将来、ペンキを塗るだけで自発的に太陽電池機能を得ることが可能になるかもしれません。 有機物は素晴らしい可能性を秘めています。有機物のエレクトロニクスへの応用により、自然環境に負荷をかけることなく、今よりもっと素晴らしい性能のデバイスや夢の電子装置の開発を目指しています。 人間が自分の身体を動かすとき、そのすべてを脳で情報処理すると、脳に対する負荷は非常に大きくなります。実際には人間は歩いている間に考え事ができるなど、歩いたり走ったりしているときには、脳はいつも身体を直接コントロールしているのではありません。人間のこのような運動を生み出すために、筋骨格の構造が非常に重要な役割をしていると考えられています。つまり、このような人間の筋骨格の構造が持っている役割をロボットにコピーすれば、人間のように自由に歩き回ったり走ったりさせることができるのではないでしょうか? 右図のロボットは特に人間の足の構造に注目し、足の中に存在する関節と腱が歩行の安定性にどのような働きをするかを調べるために作られました。このロボットには平衡感覚に相当するセンサーがついていませんが、足の構造によって自動的に左右のバランスを取り、ある程度こけずに歩行ができます。このようなロボットを試作することで、人間の足部の骨の機能も調べることができるのではないかと考えられています。自然にやさしい“塗って作れる”高性能太陽電池。筋骨格の構造から、人間の運動のしくみを解き明かす。■Topics■Topics各研究科資料のご請求方法は各研究科のホームページをご覧ください。資料請求はこちらホーム > 学部・大学院・施設 > 大学院 > 各研究科パソコンから基礎工学研究科大学院工学研究科大学院個性豊かで創造的な研究者・技術者を育成するため、高度な専門教育と最先端の研究が行える環境を整備。本研究科に所属する教員だけでなく、超精密科学研究センターやオープンイノベーション教育研究センター、産業科学研究所等の学内他部局や学外からも優秀な教員を迎え、活発な指導と共同研究が行われています。科学技術の発展を担う、先端的な研究機関。物理と化学の両面からアプローチする物質創成、バイオエンジニアリングとメカニクスを融合した機能創成、文理融合も志向するシステム創成。これら3専攻を基軸に「科学する心」と「技術への強い関心」を失わない先端的研究を推進。人文社会学系や医歯薬学系も視野に入れ、新たな学問領域の創成を目指しています。あらゆる学問分野の枠を超え、未来の技術を創造する。物質創成システム創成機能創成応用化学知能・機能創成工学精密科学・応用物理学マテリアル生産科学環境・エネルギー工学電気電子情報工学生命先端工学機械工学ビジネスエンジニアリング地球総合工学大学院・研究科紹介プラスチックに"塗って"作った曲がる太陽電池。顕微鏡で見ると分子が自発的に並んでできたドメイン(領域)模様が見える。48

元のページ 

page 50

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です