大阪大学 大学案内2019
41/84

よくある質問?!特集教育システム教育環境インフォメーション学部紹介薬学部薬学部を卒業して、研究職に就けますか?就けます。大学や研究所、製薬企業、医療機関などで研究者として活躍できます。QA■Topics創薬センターの化合物合成室化合部ライブラリー・スクリーニングセンター保管化合物の分析装置■Topics 難病や希少疾患の発症機構解明とその分子研究基盤に基づく治療薬の創製研究は、アカデミアの重要な使命となっています。またアンメットメディカルニーズに対する革新的な医薬品の創出も、アカデミアに対し非常に大きな期待がかけられています。本学部では、「化合物ライブラリー・スクリーニングセンター」と「創薬センター」を設置し、アカデミアの創薬等ライフサイエンス研究を牽引しています。さらに、学内外の研究機関との連携により、最先端の創薬研究を推進しています。 本学部では、「実践薬学教育研究センター」および「薬学地域医療教育研究センター」を設置し、「Pharm. Dコース」での教育研究や「高度先導的薬剤師の養成とそのグローカルな活躍を推進するアドバンスト教育研究プログラムの共同開発」、「地域チーム医療を担う薬剤師養成プログラム」を実施しています。こういったプログラムによって優れた「創薬臨床力」の修得を図り、臨床・薬学研究や最先端医療を担うことができる先導的薬剤師の輩出と、そのグローカルな活躍を推進しています。 薬用植物園では、熱帯植物をはじめとする多くの貴重な植物が栽培され、また総合博物館との連携により学術価値の高い貴重な生薬標本が保存されており、広く教育研究に活用されています。複数の学内外との共同研究も行われており、本学唯一の植物園として重要な役割を果たしています。現在、さまざまな有用生物の遺伝資源探索やその新規機能開発に向けた研究を進めており、グローバルな活用が可能な創薬資源センターへの拡充を目指しています。大学発創薬研究プロジェクト日本の創薬研究と薬学研究者養成を牽引。先導的医療人育成プロジェクト臨床・薬学研究、最先端医療を担う先導的薬剤師の輩出。薬用植物園グローバルに活用できる創薬資源センターへ。 薬学は、生命・健康を分子や物質から理解し、命を総合的に科学する学問です。本学部では、生命科学、創薬科学、環境科学、医療科学などを学んでいただき、人類の健康、豊かな社会の発展に貢献できる人として巣立っていただきます。研究、医療、教育、産業、行政などの分野において、世界レベルで活躍していただくことを期待しています。 大阪大学には、学生の自主研究を支援する「学部学生による自主研究奨励事業」や充実した設備、先生方の熱心なご指導など、学びの環境が整っています。私は昨年度採択していただいた自主研究を通じて、「教わる」だけでなく「自ら考え学ぶ」というサイエンスの面白さに魅了されました。皆さんもぜひ、大阪大学で自発的な学びを楽しんでください!命を総合的に科学し、人類に貢献する。土井 健史大学院薬学研究科長・薬学部長専門分野:生物有機化学整った環境で「自ら考え学ぶ」。竹村 美穂智辯学園奈良カレッジ高等部 出身薬学科5年生(医療薬学分野)在学生からのメッセージ教授からのメッセージ薬用植物園温室の薬用植物39

元のページ  ../index.html#41

このブックを見る