大阪大学 大学案内2019
40/84

資料請求はコチラ 本学科では、優れた「創薬基盤技術力」を身につけ、創薬科学および関連する生命科学領域で国際的に活躍できる研究者や、創薬研究から治験・投薬に至る「創薬臨床力」を備え、医療現場はもとより臨床薬学研究や医薬保健行政、医薬品開発において先導的に活躍できる医療人の育成を目指します。 本学科では3つのコースを設定しており、コースの選択は入学後に行います。いずれのコースも、2年次前期までは豊中キャンパスにおいて一般教養や語学などの全学共通教育を重点的に学習します。また生命科学の基礎となる化学、生物学、物理学などをしっかり学ぶ時期でもあります。2年次後期からは、薬学部のある吹田キャンパスにおいて本格的に薬学専門教育を学びます。基礎実習では、研究を実践するために必要な知識や技術を学びます。3年次からは研究室に配属され、薬学研究の最前線で長期課題研究(卒業研究)に取り組みます。コースによって時期が異なりますが、4年次以降の高学年では、病院や薬局において患者さんと接することによって臨床における薬物療法を学び、医療人としての果たすべき役割を考える機会として実務実習を行います。 本学科を卒業すれば、薬剤師国家試験の受験資格を得ることができます。また、大学院博士課程に進学し、最先端の創薬研究や臨床研究を通して、さらに高度な「創薬基盤技術力」と「創薬臨床力」を身につけることができます。 生命のメカニズムの解明やテクノロジーの進歩により、薬の可能性は飛躍的に広がっています。一方で、治療が困難な病気や感染症の蔓延、環境汚染による健康被害、超高齢社会に応える安全・安心な医療の提供など、「ヒトの健康とその確保を考究すること」を使命とする薬学が解決に取り組まなければならない課題は数多くあります。豊かな創造力と人間性、柔軟な思考力を持った皆さんが、本学科に集い学ぶことによって、未来の薬学と医療をリードし、グローバルに活躍できる臨床・薬学研究者や先導的医療人へと成長することを期待しています。薬学科新全6年制で、最先端医療を担う臨床・薬学研究者を目指す。【先進研究コース】 創薬臨床力や創薬基盤技術力の習得に加えて、医療経済や医療統計、レギュラトリー・サイエンスなどの先進的な内容も学ぶことで、広い視野を有した総合力を育てる10年一貫(大学院博士課程を含む)の研究教育を行います。日本の薬学・医学研究、薬事行政、医療等を牽引し、多方面において世界基準を凌ぐ研究力を養うことにより、グローバルで活躍する研究者である「薬剤師博士(Pharmacist-Scientist)」を重点養成します。【Pharm. Dコース】 Pharm. Dコースは未来医療の実現を目指したコースです。創薬臨床力を高めるため、早期から臨床や医療を中心とした知識と技能を身につける研究教育を行います。大学、官公庁や臨床の場で中心となって活躍できる「研究型高度薬剤師」を養成します。【薬学研究コース】 臨床や医療における経験を有し、かつその経験を基盤とした基礎研究や創薬などのものづくりへの応用研究を展開できる能力を養う研究教育を行います。大学、公的研究機関、製薬等の企業を含め多方面で活躍する薬剤師であり臨床経験も有する「薬剤師創薬研究者」を養成します。コース紹介薬学の未来を担う人材を育成する3つの専門コース。■教育システム細胞内タンパク質の可視化実験遺伝子DNA配列の解読薬学1号館ホーム > 学部・大学院・施設 > 学部 > 薬学部パソコンから薬学部School of Pharmaceutical Sciences本学部では、2019年度からこれまでの薬科学科(4年制)と薬学科(6年制)を発展的に融合した「新全6年制」による薬学教育改革を行い、薬学科(6年制)のみの募集へと変更することを予定しています。新全6年制の薬学科では、「創薬基盤技術力」と「創薬臨床力」を活かし、「ものづくり」に貢献できる人材の育成を行い、大学等の研究機関や製薬企業、さらには医療現場や行政でグローバルに活躍する薬学研究者や先導的医療人の輩出を通して、総合的なライフサイエンスの発展に貢献していきます。学部紹介入学定員 80人薬学部薬学科学部学科フィジカルアセスメントモデルを使った血圧測定実習薬学科(6年制)学部案内の請求方法はこちらをご覧ください > http://osku.jp/s0948新・薬学教育システム「新全6年制」導入。38

元のページ  ../index.html#40

このブックを見る