大阪大学 大学案内2017
33/84

よくある質問?!特集教育システム教育環境インフォメーション■Topics学部紹介理学部数学科の勉強は高校数学とどう違いますか?高校数学との違いは自由性と論理性にあります。大学数学は自由に楽しく発想し、厳密な論理を展開します。QA※1 ①数学および理科をバランスよく勉強し、基礎学力をしっかりと身につけた人。②与えられた知識を吸収することだけに満足せず、自分自身の頭脳で考えて真理を探究・発信することを熱望する人。③実験などを通して主体的に科学を楽しみ、自主研究を行った人。大型コンデンサーバンクシステム理数オナープログラム修了生たち 国内外を含めて世界で6箇所しかない60テスラを越える高い磁場の発生が可能な強磁場実験施設を当センターは有しています。最近、右に示す国内最大の充電エネルギーを持つ大型のコンデンサーバンクシステムを設置しました。これを用いて高圧力や極低温も可能な多重極限測定環境を整備し、平成28年度から全国共同利用を開始します。当センターは4つの研究部門と1つの支援部門で構成されており、理学研究科内の様々な専攻の研究室とも、現在共同研究を展開しています。 本学部では、一見自明に思える事柄に対しても「なぜ?」という疑問を抱き、その根源的理由を探ろうとする“好奇心旺盛な人たち※1”の入学を歓迎します。そのために、一般入試に加えて、三種類のAO入試を実施。「挑戦型AO入試」は、自分自身の頭脳でどこまでも粘り強く考察して真理を探求・発信したい人を受け入れる入試です。また、実験などを通して科学を楽しみ、高校などで自主的に研究活動を行った人たちを受け入れる「研究奨励型AO入試」、「国際科学オリンピックAO入試」も実施します。 学部生の早い時期から進んだことを学び先端研究に触れたい、将来研究者になりたいと考える意欲の高い学生を対象に、理数オナープログラムが用意されています。「オナーセミナー」と「オナーカリキュラム」から構成され、前者では討論形式・少人数対話型のセミナーを通して自ら研究テーマを探索、研究を行ってその成果を発表します。後者では、進んだ科目・高度な科目を早期に学習します。各種のコンペティション、学外活動にも参加。修了者には、卒業時にオナーディグリーが授与されます。優秀修了者の表彰制度もあります。研究施設先端強磁場科学研究センター入試制度多様な入試制度で意欲ある人を募集。理数オナープログラム先端分野の研究者を目指す皆さんを支援。 理学部で進めている研究は、目先の利益にとらわれることなく自然の真理を解明することです。自然はいつも真理を示してくれますが、消え入るような小さなささやきです。そこで、自然の声を逃さずに理解するために、自然科学の基礎をしっかり身に付け、対話できるようになる必要があります。我々と一緒に真理探求の道を進みましょう。 もしキミが”Science”に面白さを感じたことがあるなら、理学部での4年間は素晴らしいものになる。豊富な奨学金制度や、論文・図書館の蔵書量、努力すれば学部生でも研究ができるカリキュラム、なによりここでしか得ることの出来ない学友・教授との議論が論理を磨き上げてくれる。世界を驚かせる研究を、ここから始めよう!自然の声を聞き逃さずに理解するために。常深 博大学院理学研究科長・理学部長専門分野:観測的宇宙物理学世界を驚かせる研究を。中塚 洋佑滋賀県立膳所高校出身物理学科4年生在学生からのメッセージ教授からのメッセージ31

元のページ 

page 33

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です