大阪大学 大学案内2017
29/84

よくある質問?!特集教育システム教育環境インフォメーション学部紹介法学部法学部では法律以外にどのようなことを学びますか?実定法に加え、基礎法(法の思想・歴史・比較)や政治学を学びます。国際公共政策学科では経済学も学べます。QA■Topics 法学科では、将来法曹になりたいと願う学生をサポートするための授業を提供しています。ロイヤリングは、第一線で活躍する本学出身の弁護士などの実務家による授業です。具体的なテーマを通じて、大学で学ぶ法理論が社会で起こる問題をどう解決するのかを学び、また、将来なりたい法律家像を早くからイメージできる貴重な機会となっています。また、2年生向けの法曹養成プレゼミでは、法科大学院への進学を見据えて、憲法・民法・刑法といった基本科目の勉強の仕方を身につけることができます。 多くの法学部生にとって、海外で学ぶ最初の機会となるのが夏期・冬期に行われる短期研修です。現在、クイーンズランド工科大学(QUT)の協力を得て、オーストラリアでの短期研修を実施しています。英語とともにオーストラリア法の学習も組み込んでいるのが特徴で、参加者には日本学生支援機構の奨学金が付与されます。より本格的に学びたい学生には交換留学(半年~1年)を奨励しています。世界中に協定校(授業料免除)があり、渡航の際には阪大法学会の海外留学資金助成が受けられます。 国際公共政策学科では、国際社会が直面する公共的な政策課題を学び分析する能力を養うとともに、政策実施の場面で必要となる「英語」にも重点を置いています。例えば、必須科目の「Project Seminar in English」では、法学・政治学・経済学の専門知識に基づく学習や学習成果の発表、ディスカッションを英語で行います。また、国際公共政策学科では、積極的に留学をすすめており、留学をすることが単位取得を妨げないよう様々な配慮がされています。法曹キャリア支援ロイヤリングと法曹養成プレゼミ。海外研修・留学法学部の短期海外研修と留学支援。国際公共政策学科公共政策課題の分野で国際的に活躍する人材養成。法曹実務家が講義を行うロイヤリングクイーンズランド工科大学は、ブリスベン市内にある、クイーンズランド大学と並ぶ一流の総合大学です。英語で発表する学生(Project Seminar in English)在学生からのメッセージ 本学部では、社会の複雑な問題を筋道立てて解決していくための手段である法を中心に学びます。法学科が基本的な法学・政治学の学習により大きな比重を置いているのに対し、国際公共政策学科では経済学や国際関係論も含む多様な科目群の中から、自由に幅広く学べます。しかし共通科目も多く、また両学科とも少人数の演習をとりわけ重視しています。 法・政治は、社会を構成する重要な要素です。大阪大学法学部では、法律科目をはじめとする多様な専門科目、実務家による特別講義、少人数制ゼミのもとで、法学・政治学を学び、時には仲間たちとの議論を通して、理解を深めていくことができます。法学・政治学の探究を通じて、社会を新しい眼で見ることが可能になると思います。少人数を重視する、特色ある2学科。林 智良大学院法学研究科・法学部長専門分野:ローマ法史新しい眼で社会を見る亀田 悠斗芝高校出身法学科4年生教授からのメッセージ27

元のページ 

page 29

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です