大阪大学 大学案内2017
27/84

よくある質問?!特集教育システム教育環境インフォメーション■Topics2015語劇祭(スペイン語劇)2015カップリング・インターンシップ千代田アルマナ(カタール)2015語劇祭(中国語劇)在学生からのメッセージ グローバル化時代、世界諸地域の人々と共生するうえで、各地域の多様な文化を深く理解することはますます重要になっています。そのためには、言語を究め、言語を通して、それを基底とする各地の文化や社会を学ぶことが大切です。皆さんが本学部に入学され、その教育理念にあるように、「言葉を究めて世界へはばたく」ことを期待しています。 外国語学部には25言語もの専攻があり、様々な国からの留学生もいるため、非常に国際色豊かなキャンパスです。また、専攻語ごとの学生の数が少ないため、内容の濃い勉強もできます。授業の種類も多彩で、映画や小説を翻訳したり、それぞれの言語が使われている国の歴史や経済など、幅広く勉強できます。言語を通して、世界各地の文化を学ぶ。東 明彦外国語学部長・大学院言語文化研究科 教授専門分野:歴史国際色豊かなキャンパス。泉 将輝大阪府立市岡高校外国語学科4年生(ハンガリー語専攻)学部紹介教授からのメッセージ外国語学部語学以外にどのようなことを学びますか?1・2年次に基礎的な語学運用能力を身につけ、3・4年次は各自その能力を駆使し、言語・文学・文化等の専門的な学習をします。QA 本学部で専攻する言語を使ってどんなことができるようになるのでしょうか。本学部では、専攻語教育において読む・書く・聞く・話す能力がいつ頃どの程度身につくのか、学年別到達度目標を25の全専攻言語で設定して公開しています。これは国内の大学で初めてのことです。この枠組みは「ヨーロッパ言語共通参照枠(CEFR)」を参考にしているので、留学や将来の計画をたてる際にも活用できます。他にも、本学部のスタッフが現地で撮影した映像を教材化して活用するなど、ユニークな試みにより学習をサポートしています。語学力育成専攻言語教育のための“客観的な到達度評価制度”。 本学部には「カップリング・インターンシップ」というユニークな教育プログラムがあります。このプログラムのおもしろいところは、外国語学部生と工学研究科の大学院生がペアになって、アジア諸国にある日系企業で現地大学の学生たちと合同でインターンシップを行う点です。専攻する言語および英語の実践的なコミュニケーション能力を高めるとともに、異文化(日本・アジア諸国)や異分野(理系・文系)の人たちとの協働作業を通じてグローバルな相互理解力と問題解決能力を身につけることを目指します。 大阪外国語大学の時代から続く語劇の伝統は、大阪大学外国語学部になったいまも、外国語学部同窓会の支援を得て行われる語劇祭として、しっかりと受け継がれています。専攻する言語で演劇を披露することは、学年をこえて同専攻語学生の結束を強め、日ごろの学習の成果を学内だけでなく学外や卒業生に対しても披露するという、情報発信の場のひとつになっています。毎年、秋に行われるこの語劇祭に向けて、夏休みから本番までのあいだ、箕面キャンパスでは学生たちのセリフ練習の声が響きわたります。グローバル人材の育成カップリング・インターンシップの実施。イベント外国語学部伝統の語劇祭。25

元のページ 

page 27

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です