大阪大学 大学案内2019
27/84

よくある質問?!特集教育システム教育環境インフォメーション■Topics2017語劇祭(ビルマ語劇)英語プレゼンの構成に関する相談に対応2017語劇祭(ドイツ語劇)在学生からのメッセージ グローバル化の時代を迎え、世界の諸地域の人びととスムーズな交流を果たすには、異文化間の相互理解が欠かせません。本学部では、世界の諸地域の言語を学び、それを通して諸言語が話される地域の文化や社会について、多角的な視野から総合的に理解することを重視しています。本学部で学び、「言葉を究めて世界へはばたく」人材となりましょう。 外国語学部では、言語だけでなく社会や文化、歴史など幅広く学ぶことができます。教授方は皆、指導に熱心で親身に相談に乗ってくれます。私自身は現在、ブラジルにおける奴隷制について研究しています。また大阪大学は総合大学であるため、さまざまな学部の学生と交流できるという利点があります。大阪大学外国語学部で自身の言語力と知識を広げ、素敵な学生生活を送りましょう。言葉を究めて世界へはばたく。大内 一外国語学部長専門分野:スペイン中近世史幅広く学び、素敵な学生生活を。今福 綾香四天王寺高校 出身外国語学科4年生(ポルトガル語専攻)学部紹介教授からのメッセージ外国語学部語学以外にどのようなことを学びますか?1・2年次に基礎的な語学運用能力を身につけ、3・4年次は各自その能力を駆使し、言語・文学・文化等の専門的な学習をします。QA 本学部で専攻する言語を使ってどんなことができるようになるのでしょうか。本学部では、専攻語教育において読む・書く・聞く・話す能力がいつ頃どの程度身につくのか、学年別到達度目標を25の全専攻言語で設定して公開しています。これは国内の大学で初めてのことです。この枠組みは「ヨーロッパ言語共通参照枠(CEFR)」を参考にしているので、留学や将来の計画をたてる際にも活用できます。他にも、本学部のスタッフが現地で撮影した映像を教材化して活用するなど、ユニークな試みにより学習をサポートしています。語学力育成専攻言語教育のための“客観的な到達度評価制度”。 本学部では、世界の言語とその地域社会に関する専門的知識と文系諸学の専門的な方法論の両方を身につけた有為なグローバル人材を育成することを目指し、文系他部局と協力してMLEを実施しています。MLEに参加すると、文学部、人間科学部、法学部、経済学部の専門教育レベルの授業を体系的に学修することができる5つのプログラム、人文学(グローバル・アジア・スタディーズとグローバル・ユーロ・スタディーズ)、人間科学(共生の生態)、法学・政治学および経済学・経営学を学ぶことができます。 大阪外国語大学の時代から続く語劇の伝統は、大阪大学外国語学部になったいまも、外国語学部同窓会の支援を得て行われる語劇祭として、しっかりと受け継がれています。専攻語を用いて演劇を披露することは、学年を越えて同じ専攻語の学生が協力し合う点で、専攻語学生間の結束を強めるだけでなく、日頃の学習の成果を学内外に発信する絶好の機会となっています。毎年、秋に行われるこの語劇祭に向けて、夏休みから本番までのあいだ、箕面キャンパスでは学生たちのセリフ練習の声が響きわたります。グローバル人材の育成マルチリンガル・エキスパート養成プログラム(MLE)の実施。イベント外国語学部伝統の語劇祭。25

元のページ  ../index.html#27

このブックを見る