大阪大学 大学案内2017
23/84

よくある質問?!特集教育システム教育環境インフォメーション 文学研究科では、文化庁「大学を活用する文化芸術推進事業」の採択を受け、3年間(平成25年度~27年度)にわたり「声なき声、いたるところにかかわりの声、そして私の声」芸術祭を実施しています。これは社会人向けのアート・マネージメント人材育成のプログラムで、近隣の芸術機関と連携しながら行う社学連携活動の一環です。多くの社会人が、演劇、舞踊、アート、美術、音楽など多岐にわたる芸術ジャンルのパフォーマンスやイベントを制作しながらアート・マネージメントを学んでいます。 タンデム学習プロジェクトでは、留学生と日本人学生がペアになり、互いに相手の言葉を学ぶのを助け合っています。自由参加の課外活動ですが、2012年以来、300名ほどにパートナーを紹介してきました。自分の都合の良い時に、自分の学びたいことを自分にあった方法で学べるうえ、お互いに学習者なので、気兼ねなく質問したり練習したりできると好評です。なかには、タンデム学習のおかげで留学を考えるようになったという人もいます。運営にはステューデント・スタッフが活躍しています。社学連携活動アート・マネージメントの人材を育てる。 明治時代以前の日本文学・日本文化を研究しようとするとき、大きな障壁となるのが「くずし字」と呼ばれる文字です。本プロジェクトは、スマートフォンを利用して効率的にくずし字の読み方を学習できるアプリケーション「KuLA」の開発を行っています。開発に当たっては、文献学・国語学・人文情報学の知見を融合させています。このアプリを通して、世界中の日本文学・日本文化に関心を持つ人達の学習を助け日本研究の裾野を広げたい、という志を持って、より優れたものを作る努力を重ねています。研究・教育プロジェクトくずし字学習アプリを開発。タンデム学習授業でなくても外国語は学べる。■Topics開発中のくずし字学習アプリ「KuLA」2015年芸術祭で制作されたジン・リキ・シャ参加者懇親会の記念写真在学生からのメッセージ 私の研究対象の一つである「役割語」は、「わしが知っておるんじゃ」と言えば老人、「わたくしが存じておりますわよ」と言えば貴婦人、というように、話し手の属性が即座に伝わる話し方のことを指します。マンガやアニメでおなじみの現象も、切り込み方次第でまったく新しい学問として広がっていく。人文学の醍醐味はこんなところにもあります。 1つのことに集中して取り組むことは、それなりに尊いことですが、「自分で問いを立てる」ことが必要な文学部を志すのであれば、「部活も勉強も頑張った、努力することのすばらしさを実感した」で終わらないでもらいたい。多感な高校時代を部活と勉強の「奴隷」として過ごして欲しくはない。幅広く関心を持ち、自分の頭で考える高校生でいてください。切り込み方次第でまったく新しい学問に。金水 敏大学院文学研究科長・文学部長専門分野:国語学幅広く関心を持ち、自分の頭で考える。八木 啓俊新潟県立新潟高校人文学科4年生(東洋史学専修)学部紹介教授からのメッセージ文学部本が好きな学生が多いって本当ですか?普通の本はもちろんですが、映画や美術・音楽作品、古文書や地図などに取り憑かれる人も多いようです。QA21

元のページ 

page 23

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です