大阪大学 大学案内2019
20/84

大阪大学の学生が等しく学ぶべき普遍性を持つ全学共通教育と、自身の専門分野を深く学ぶ専門教育は、どちらも   学問追究の営みにおいて、高い頂きを築くための道具が専門教育なら、その頂きを支える盤石な山脈が大阪大学の   大阪大学の教育 本学は「知の創造、継承及び実践」を使命とし、「地域に生き世界に伸びる」をモットーに、学問の独立性と市民性を備えた世界最高水準の高度な教育研究を推進し、次代の社会を支え、人類の理想の実現をはかる有能な人材を社会に輩出することを目的としています。その実現のため、学部及び全学的な教育研究組織において、右図の4項目を身につけた知識基盤社会のリーダーとなるべき人材を育成します。また、学習目標を達成した学生に学位を授与します。2019年度に開始する新カリキュラムから、『教養教育』『専門教育』『国際性涵養教育』の3つ柱からなる縦型教育となり、全学に共通する教育内容は、主として入学から2年生夏学期までの1年半(外国語学部は1年生冬学期までの1年)に学びますが、高度教養教育科目など卒業まで継続して学ぶものもあります。大阪大学の教育目標と学位授与の方針 全学部生が共に学び、授業から自主研究、課外活動まで、様々な活動の中で主体的・対話的で深い学びが実現できるよう、学生が勉学のために自主的に集まることができる各種コモンズをキャンパス内に設けています。主体的・対話的で深い学びのためのコモンズ  全学部生が共に学び、授業を通して複眼的な視点と俯瞰的な視野を培うのが全学共通教育です。そのために、幅広い領域をカバーする科目と、学びやすい環境を用意しています。主体的・対話的で深い学びが実現できるよう、授業は講義型だけではなく、対話型・体験型・フィールドワーク型といった様々なスタイルで行われます。基本を学び、先端に触れる幅広い全学共通教育「知性への誘い」「ICT支援外国語学習」 ※Handai Active Learning Classroomの略「学問への扉」「リーダーとの対話」知ることを知る多様なメディアで学ぶ外国語大学での学び方や姿勢について考える産業界のトップに学ぶ。ホーム > 大学案内 > 教育情報の公表パソコンから 教育担当副学長をはじめ各学部長ら大学のキーパーソンが担当するリレー講義。考えること、知ることの意味を探り、大学で学ぶ方法や姿勢について、各自が長い経験からつかみ取った「知」の奥義と学者の生き様を伝授します。  コンピュータを利用した外国語授業のできるCALL教室、iPadやホワイトボードを利用して協働学習やグループ学習を行うことができるHALC※(アクティブラーニング教室)、様々な言語を各自のスマートフォンで自学自習できるオンライン教材など、新しいスタイルの能動的な外国語学習を体験することができます。 『関西は今 ─関西経済界のリーダーたちとの対話』『女性リーダーとの対話』では、著名企業の社長や女性リーダーなどを招き、リレー講義と講師と直接対話することによって最新のグローバルビジネスや社会貢献、男女共同参画社会を学びます。 入学したらまず受講する必修授業のひとつが、学部・学科を問わず本学で「学び」をスタートさせる学生に向けて設定された少人数セミナー型の導入科目。主体的で創造的な学びへの転換のため、異分野の学生同士でディスカッションすることによって、様々な視点を涵養します。本学の全教員が担当し、約250科目を開講します。教育目標高度な専門性と深い学識デザイン力教養国際性学生の学習目標○専門分野における知識・技能を有している○課題解決のために知識・技能を活用できる○幅広い知識を有している○複眼的・俯瞰的に思考し、客観的に評価できる○異なる言語・文化を理解できる○言語・文化の相違を超えて交流できる○社会・学問における新たな課題を発見し、 解決の道筋を構想できる○社会・学問における課題の発見・解決のために、 様々な分野の人と協働できる18

元のページ  ../index.html#20

このブックを見る