大阪大学 大学案内2017
18/84

未来戦略機構 大阪大学における教育は、学生が専門分野の研究を通して学問の真髄を理解すること、「教養」「国際性」「デザイン力」を育成することにより、さまざまな分野のリーダーとしてグローバルに活躍しうる人材になることを目標としています。ここにいう教養とは「広い視野に立った確かな社会的判断力」を、国際性は「異なる文化的背景をもつ人をよく理解するコミュニケーション能力」を、デザイン力は「自由なイマジネーションと横断的なネットワーク力」を意味しています。大阪大学の教育プログラムは全体として、この目標の達成のために設計されています。皆さんは学部や大学院に所属しますが、大学が全体として提供するさまざまな教育プログラムを精一杯活用して下さい。 大学生活を有意義なものとするためには、これまでの「習う」という姿勢を脱却し、「自ら学ぶ」という学習態度を身につけることが必要です。大学や大学院で習う「最先端知識」はすぐ陳腐化するものです。大事なことは、そういった知識を生み出す「探求の過程」を理解し、それを自ら実行する能力を身につけることです。大学を出てからの人生は在学期間より遙かに長いのです。そこではさまざまな新しい問題に出会い、新たな知識を必要とし、新たな探求が必要になることもあるでしょう。大阪大学は、学生諸君が人生を通じて必要とする主体的で能動的な「学びの姿勢」を身につけることができるよう、全力で応援します。大阪大学は、11学部16研究科からなる総合大学です。吹田・豊中・箕面の3キャンパスは総面積約159万㎡。キャン   4附属図書館、2附属病院、1附属学校、16学内共同教育研究施設、3全国共同利用施設を擁しています。Organization大学教育・研究組織大学を出てからの方が人生は長い。小林 傳司 理事・副学長(教育担当)附属図書館学部・大学院全学教育推進機構附置研究所学内共同教育研究施設全国共同利用施設世界トップレベル研究拠点男女協働推進センター21世紀懐徳堂適塾記念センター海外拠点本部ホーム > 学部・大学院・施設パソコンから融合研究拠点16

元のページ 

page 18

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です