大阪大学 大学案内2017
13/84

特集教育システム教育環境インフォメーション 流をたどると、大きく3つが挙げられます。大坂町人文化の象徴である「懐徳堂」、 された「大阪外国語学校」。これらの自由な気風や先見性、そして学問への情熱が、本学に脈々と受け継がれています。大阪大学全景(吹田キャンパス)大阪外国語学校 上八校舎門標レラ治療に取り組むなど医学史上の大きな業績を残すとともに、1,000人近い塾生を指導しました。適塾では、各自の努力によって実力を養うことを方針に蘭学を教育。会読する原書は医学に限らず物理や化学に関するものもあり、なかには実験に興ずる塾生もいるなど、個々の自由な学問研究を伸ばす学風がありました。塾生たちは主に武士の出で、幕末から明治にかけて各方面で活躍。日本の近代化に大きく貢献しました。例えば、進取開国論を唱えた橋本左内、日本陸軍創設を担った大村益次郎、日本赤十字社の前身となる博愛社を創設した佐野常民、日本の衛生学発展に寄与した長與専斎、慶応義塾大学創始者の福沢諭吉が有名です。 適塾の精神は、1869(明治2)年に明治新政府が洪庵の二男・惟準(これよし)やオランダ人教師・ボードウィンを迎えて開いた大阪仮病院、大阪医学校に継承され、大阪府立医科大学、大阪帝国大学医学部を経て、本学へと受け継がれています。 本学外国語学部の起源は、1921(大正10)年に大阪・上本町に創立された「大阪外国語学校」です。大阪の実業家・林蝶子女史が“大阪に国際人を育てる学校を”という理念のもと、学校設置資金として政府に多額の私財を寄付。その寄付金を基に設立されました。「外国語教育・研究の西の雄」として成長を遂げるとともに、司馬遼太郎をはじめ著名な卒業生を輩出。その後、1949(昭和24)年の国立学校設置法施行により、大阪外国語大学が発足しました。国立大学で2つしかない外国語大学のひとつとなり、1979(昭和54)年には現在の箕面の地にキャンパスを移転。発足当初は12語学科だった専攻言語も、わが国における言語教育・研究の一大拠点として発展を遂げるなか、日本語を含む25言語にまで拡充しました。そして2007(平成19)年、大阪大学と統合。国立大学法人の総合大学のなかでは唯一の外国語学部となっています。 つながる3つの源流。人間科学部を設置言語文化部を設置人間科学研究科を設置1972197419761981健康体育部を設置1989言語文化研究科を設置1993医学部保健学科を設置。医学部附属病院が大阪市・中之島から吹田キャンパスに移転し、吹田、豊中両キャンパスへの統合を完了1994国際公共政策研究科を設置2002情報科学、生命機能各研究科を設置国立大学法人大阪大学に移行中之島センター開設高等司法研究科を設置大阪外国語大学と統合し、外国語学部を設置大阪大学・金沢大学・浜松医科大学連合小児発達学研究科を設置創立100周年20042007200920162031寄付を基に設立された「大阪外国語学校」。Historyよくある質問?!「適塾」は今も残っていますか?わが国唯一の蘭学塾の遺構として、大阪市中央区に現存します。開館時間には中を見学することもできます。QAThisYear11

元のページ 

page 13

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です