京都大学 大学案内2019
98/108

金子 周司 教授(イオンチャネル創薬、システムズ薬理学)TRPチャネルの生理と病態への関与に関する研究 有害事象ビッグデータ解析による治療標的の創出大野 浩章 教授(有機合成化学、創薬化学)◎効率的な分子骨格構築法の開発 ◎生物活性化合物の合成と創薬展開土居 雅夫 教授(脳科学・生理学・創薬)◎体内時計を基盤とした老化機構の解明 ◎生体リズム異常による疾病機構の解明と時間治療薬の開発掛谷 秀昭 教授(ケミカルバイオロジー、天然資源、創薬科学)次世代化学療法の開発を指向した先端的ケミカルバイオロジー研究および天然物薬学研究伊藤 美千穂 准教授(生薬・薬用植物学、漢方薬)◎薬用植物の二次代謝産物の生合成研究および生薬薬理学的研究 ◎生薬基原植物の栽培、資源調査、開発研究星野 大 准教授(タンパク質のかたちと物性)高分解能NMR による生体物質の構造機能解析中津 亨 准教授(タンパク質の詳細な働きを原子レベルで観察する)X線自由電子レーザーを用いたタンパク質時間分割構造解析および高難度タンパク質立体構造決定杉山 直幸 准教授(タンパク質の翻訳後修飾、シグナル伝達)◎タンパク質の大規模な翻訳後修飾解析 ◎タンパク質間ネットワークの解明柿澤 昌 准教授(脳・老化・カルシウム)◎レドックスシグナルによる生体(主に脳)の機能制御と老化のメカニズム解明 ◎新規細胞内カルシウム放出系の制御機構と機能的役割の解明申 惠媛 准教授(細胞、生体膜、物質輸送)生体膜の脂質組成の制御機構と多彩な細胞機能の調節米澤 淳 准教授(薬物体内動態、個別化医療、医薬品適正使用)◎薬物の体内動態解析に基づく薬効・副作用発現機構の解明 ◎個別化医療を目指したバイオマーカーの探索高橋 有己 准教授(薬物の送達法の開発)◎細胞由来小胞・粒子を利用した治療法の開発白川 久志 准教授(中枢神経系の病態生理学)◎中枢性疾患の病態解明およびイオンチャネル創薬を目指した研究 ◎グリア細胞の生理作用および機能制御に関する研究平澤 明 准教授(受容体創薬)◎オーファン受容体のリガンド探索と機能解析 ◎DNA マイクロアレイを用いた発現プロファイル解析大石 真也 准教授(医薬品化学・創薬化学)◎医薬品候補化合物の分子設計と合成 ◎医薬品探索手法の開発と応用服部 明 准教授(タンパク質分解)ユビキチン‐ プロテアソーム系制御法の開発とその創薬への応用瀧川 紘 講師(有機合成化学)◎新しい分子骨格構築法の開発 ◎生理活性天然有機化合物の化学合成塚野 千尋 講師(合成化学・金属触媒)金属触媒を用いた有機化合物の新規合成法の開発と、天然有機化合物の化学合成矢野 義明 講師(膜タンパク質の物性)生細胞膜タンパク質の標識法の開発・挙動解析 膜タンパク質構造形成過程の熱力学・動力学三宅 歩 講師(脳・形態形成)マウス及びゼブラフィッシュを用いたFGF及び新規分泌性因子の機能解析樋口 ゆり子 講師(細胞製剤、薬物送達)◎細胞製剤の生体内における動態・機能の制御 ◎細胞を使った治療法の開発津田 真弘 講師(薬物体内動態、個別化医療)薬物動態・薬効変動の機構解明と個別化医療への応用工学部■地球工学科■高橋 良和 教授(コンクリート構造、耐震工学)社会基盤工学専攻 コンクリート構造を含む土木構造システムの耐荷・変形性能、地震時挙動の解明、免震構造、新構造の開発杉浦 邦征 教授(橋の力学)社会基盤工学専攻 鋼構造物・複合構造物の力学、耐久性、健全度評価、維持管理、新材料・新構造形式白土 博通 教授(風と社会基盤(構造物・施設)の関わり合い)社会基盤工学専攻 風と構造物の相互作用、走行車両の風に対する安全性、塩害・腐食環境の物理モデル八木 知己 教授(橋と風)社会基盤工学専攻 構造物の空気力学、強風防災、風工学に関する研究金 哲佑 教授(社会基盤の健康診断)社会基盤工学専攻 構造物の異常診断・損傷推定、スマートセンサシステム、橋の周りの環境振動と対策戸田 圭一 教授(都市の水害)社会基盤工学専攻 都市水害の予測と対策(車の漂流や地下浸水を含む)立川 康人 教授(洪水の予測や治水・利水のための技術開発)社会基盤工学専攻 水文学、水資源工学、水災害軽減に関する研究木村 亮 教授(発想の転換で土木に新しい風を)社会基盤工学専攻 新たな建設材料と構造物の設計・施工法の開発、発展途上国の住民参加型インフラ整備宇野 伸宏 教授(空間情報を活用した都市マネジメント)社会基盤工学専攻 GNSS・画像観測等を活用した移動体計測と都市マネジメント川﨑 雅史 教授(公共空間における景観設計・都市デザイン)社会基盤工学専攻 景観設計、都市デザイン・地域計画、都市形成史後藤 仁志 教授(波と流れの力学、海岸工学)社会基盤工学専攻 数値流体力学、粒子法、海岸波動と地形変化の計算力学、津波・高潮防災河野 広隆 教授(道路や橋、ダムや下水道など、人々の生活を支えるインフラを、良く造り、うまく使って行くための技術)都市社会工学専攻 構造物の維持管理、コンクリート工学、インフラマネジメント清野 純史 教授(地震、地震被害、ライフライン)都市社会工学専攻 地盤震動および地震時の人的被害発生メカニズムの解明に関する研究細田 尚 教授(河川工学)都市社会工学専攻 川と湖の水環境、豪雨と水害大津 宏康 教授(地盤・岩盤工学、リスク、マネジメント)都市社会工学専攻 ジオリスクエンジニアリング、海外建設プロジェクトリスクマネジメント、アセットマネジメント三村 衛 教授(地盤の力学、地盤災害)都市社会工学専攻 粘土地盤の変形解析、地盤情報データベースと地盤防災ハザードマップ、地盤構造物遺跡の保全小林 潔司 教授(国土政策論)都市社会工学専攻 国土・地域システムの分析と計画方法論に関する研究岸田 潔 教授(岩盤水理、岩盤工学、地下空間の有効活用)都市社会工学専攻 温度—水理—力学—化学連成考慮した岩盤の力学・水理学特性の評価、トンネルと地下空間の創出、地下構造の可視化、放射性廃棄物地層処分山田 忠史 教授(交通計画、物流計画)都市社会工学専攻 交通ネットワーク設計、サプライチェーンネットワーク設計、輸送システムの開発藤井 聡 教授(インフラについての公共政策論)都市社会工学専攻 実践的社会科学研究に基づく国土計画、経済政策等の公共政策論藤田 正治 教授(災害と環境、資源の面から土砂の動きを考える)社会基盤工学専攻/防災研究所 流域の総合的な土砂管理に関する研究中川 一 教授(好ましい川づくり、洪水氾濫、土石流)社会基盤工学専攻/防災研究所 洪水および土砂災害の防止・軽減に関する研究渦岡 良介 教授(地盤防災)社会基盤工学専攻/防災研究所 地震時の液状化、豪雨と地震による複合地盤災害中北 英一 教授(豪雨を測り、予測する)社会基盤工学専攻/防災研究所 レーダー水文学、水文気象工学、世界の異常降雨災害と気候変動平石 哲也 教授(あなたの街を水際で守ります)社会基盤工学専攻/防災研究所 津波・高潮・高波による海岸侵食の防止技術、砂丘環境のモニタリングと形成過程の解明、港湾構造物の耐波安定性・洗堀対策牛島 省 教授(流れの数値計算)社会基盤工学専攻/学術情報メディアセンター 数値流体力学と水工学分野への応用澤田 純男 教授(耐震設計法)都市社会工学専攻/防災研究所 震源モデルと地盤震動解析に基づく設計入力地震動評価田中 茂信 教授(持続可能な水資源管理を考える)都市社会工学専攻/防災研究所 水資源工学、水関連災害リスクマネジメント、気候変動影響評価堀 智晴 教授(水と社会のより良い関係を考える)都市社会工学専攻/防災研究所 水資源システムの計画と管理、水災害のリスクマネジメントCRUZ Ana Maria 教授(Natechリスク、リスクマネジメント)都市社会工学専攻/防災研究所 自然災害と産業事故の複合災害に対する社会のレジリエンシーの分析角 哲也 教授(ダム、河川環境)都市社会工学専攻/防災研究所 ダムの持続的管理のための流砂系総合土砂管理に関する研究五十嵐 晃 教授(防災のための構造設計法、構造物の揺れの制御)都市社会工学専攻/防災研究所 動的連成現象、複合災害への対策、振動制御技術勝見 武 教授(地盤の環境問題の解決)地球環境学堂 社会基盤親和技術の開発、環境地盤工学多々納 裕一 教授(防災計画)防災研究所 防災の経済分析、災害リスクガバナンス矢守 克也 教授(防災教育、防災心理学)防災研究所 防災心理学に関する研究、防災教育や災害情報を中心とした減災・防災システムに関する研究畑山 満則 教授(地理情報システム)防災研究所 時空間地理情報システム、災害リスク・コミュニケーション、情報システムを用いた災害対応西藤 潤 准教授(数値シミュレーション)社会基盤工学専攻 数値流体力学、地盤力学、非破壊検査KHAYYER Abbas 准教授(数値流体力学)社会基盤工学専攻 粒子法、海岸工学、海洋工学、流体構造連成山本 貴士 准教授(コンクリート構造物)社会基盤工学専攻 コンクリート構造の力学性能および耐久性能、維持管理、補修・補強、新材料・新工法松村 政秀 准教授(鋼構造、橋梁工学)社会基盤工学専攻 鋼構造物の耐荷力、維持管理、補修・補強、耐震問題安 琳 准教授(コンクリート構造物)社会基盤工学専攻 コンクリート構造の力学性能および耐久性能金 善玟 准教授(水文モデル、気候変動)社会基盤工学専攻 水文モデルの精度向上、気候変動の水資源への影響に関する研究山上 路生 准教授(乱流水理学)社会基盤工学専攻 水・空気界面の乱流ダイナミクス、乱流輸送に基づく環境水理学市川 温 准教授(水と流域のマネジメント)社会基盤工学専攻 水文学、水工学、水資源学木元 小百合 准教授(地盤の変形と強度)社会基盤工学専攻 地盤工学、地盤材料の構成式、メタンハイドレート須﨑 純一 准教授(測量学・空間情報学)社会基盤工学専攻 衛星・地上リモートセンシングによる都市環境のモニタリングとモデリング山口 敬太 准教授(景域計画と公共デザイン)社会基盤工学専攻 景観の保全・計画、都市史・土木史、公共空間のデザイン論、まちづくり論原田 英治 准教授(移動床水理学)社会基盤工学専攻 流砂・漂砂の水理学、混相流体の力学張 凱淳 講師(動的解析と構造物健康診断への応用)社会基盤工学専攻 橋梁-車両連成系の動的解析、橋梁ヘルスモニタリング、橋梁構造物の非接触点検萬 和明 講師(陸域水循環)社会基盤工学専攻 現地観測と詳細モデリングによる陸域での水循環に関する現象の理解と予測服部 篤史 准教授(インフラ構造物による快適で安全・安心な社会、インフラ構造物のドクター)都市社会工学専攻 コンクリート構造物のマネジメント、耐久性、維持管理、補修・補強、新材料・新工法古川 愛子 准教授(地震、構造物診断)都市社会工学専攻 地震時における組積造構造物の破壊挙動解析、振動特性の変化を利用した構造ヘルスモニタリング音田 慎一郎 准教授(河川工学)都市社会工学専攻 河川の水の流れと地形変化に関する現象の理解と予測PIPATPONGSA Thirapong 准教授(地盤工学)都市社会工学専攻 基礎の沈下を受ける盛土内のアーチ効果、アーチ効果に基づく新たな炭鉱採掘手法肥後 陽介 准教授(地盤の変形・破壊挙動のモデル化)都市社会工学専攻 地盤材料の力学特性および変形・破壊挙動の解明とモデル化FLORES Giancarlo 准教授(環境地盤工学)都市社会工学専攻 地盤中の化学物質挙動、廃棄物の適正処分、土壌・地下水汚染の浄化・リスク評価QURESHI Ali Gul 准教授(物流計画)都市社会工学専攻 数理計画、地域ロジスティクスに関する研究松島 格也 准教授(交通政策論)都市社会工学専攻 国土・地域のマネジメント手法論の開発、交通市場構造分析松中 亮治 准教授(魅力ある持続可能な都市地域・交通)都市社会工学専攻 都市地域計画、交通計画、都市環境評価、交通政策・制度・財源SCHMÖCKER Jan-Dirk 准教授(都市と交通)都市社会工学専攻 ネットワークとリスク:不確実性に対する行動分析、公共交通乗客配分モデル、高齢者に対するモビリティ分析、土地利用と交通パターン分析竹林 洋史 准教授(河川、土砂災害、生物の生息場)社会基盤工学専攻/防災研究所 河川の土砂災害や生物が棲みやすい川に関する研究川池 健司 准教授(都市の水害、洪水氾濫)社会基盤工学専攻/防災研究所 都市水害の氾濫数値解析、防災水工学山口 弘誠 准教授(豪雨災害に対する水文気象学的戦略の構築)社会基盤工学専攻/防災研究所 気象レーダーを用いた豪雨予測、豪雨の種の解明森 信人 准教授(沿岸災害リスク評価)社会基盤工学専攻/防災研究所 高波、高潮、津波の沿岸災害リスクを評価する研究,気候変動影響評価佐山 敬洋 准教授(水文学・水災害リスク)社会基盤工学専攻/防災研究所 水文学、降雨流出・洪水氾濫モデリング、水災害リスク評価馬場 康之 准教授(現地での観測)社会基盤工学専攻/防災研究所 沿岸域における波・流れ・土砂移動に関する観測研究LAHOURNAT Florence 講師(被災したコミュニティ、文化、モノ)社会基盤工学専攻/防災研究所 文化人類学、物質文化研究後藤 浩之 准教授(地震工学)都市社会工学専攻/防災研究所 理論的アプローチによる地震災害現象の解明田中 賢治 准教授(水文学・水資源工学)都市社会工学専攻/防災研究所 陸域水循環モデルの開発、水資源量評価、気候変動影響評価横松 宗太 准教授(災害リスク、防災投資の便益評価)都市社会工学専攻/防災研究所 大規模災害の経済成長へのインパクトの分析竹門 康弘 准教授(棲み場所の生態学)都市社会工学専攻/防災研究所 河川や湖沼の生態系管理のための応用生態工学的、生態水文学的研究KANTOUSH Sameh Ahmed 准教授(土砂水理学、水理実験計測、数値計算)都市社会工学専攻/防災研究所 貯水池土砂管理、Flash Flood、多国間水資源管理米山 望 准教授(津波、洪水、予測)都市社会工学専攻/防災研究所 数値シミュレーションによる水災害の予測乾 徹 准教授(地盤環境の保全と汚染対策)地球環境学堂 地盤中の環境影響質の挙動と対策、環境地盤工学SAMADDAR Sabuhajyoti 准教授(災害リスク管理)防災研究所 地域コミュニティにおける効果的な災害リスク管理の方法論大西 正光 准教授(災害リスクマネジメント計画論)防災研究所 危機管理計画論、官民連携論、リスクファイナンス論、公共調達システム論096KYOTO UNIVERSITY GUIDE BOOK 2019教員の研究テーマ

元のページ  ../index.html#98

このブックを見る