京都大学 大学案内2019
54/108

京都大学 医学部 人間健康科学科とは健康科学の実践人材を育む学科人間健康科学科は「健康について科学する」を教育の中心に定め、新入生の時点から健康科学に関する基盤を形成していきます。あわせて4年間を通じてヘルスプロモーションの考え方を学習、保健医療福祉の分野で健康科学を実践する人材を育成します。チーム医療を見つめたリーダーシップの伸長チーム医療に積極参画し、リーダーシップが発揮できる医療専門職になることを目標に、患者中心の医療を進めるために必要な理念・方法論を学習します。そうして固めた基礎に立脚し、高度先進医療に対応しながら医療を国際的に担える総合医療科学領域の専門家を養成します。高度医療専門職を育む3コース一般入試で入学した学生は2年次前期の終了時、自身の希望や適性に基づき、「先端看護科学コース」、「総合医療科学コース」、理学療法学講座と作業療法学講座をもつ「先端リハビリテーション科学コース」、いずれかを選択します。※特色入試で入学した学生はコースを選択する必要はなく、入学時に希望したコースに進みます。実力を高め続ける綿密な科目構成人間健康科学科の授業は、全学共通科目、専門基礎科目、専門科目で構成されています。「全学共通科目」は個々の専門領域を超えた幅広い学問の基礎知識を学ぶと共に、高度な学術文化にふれることで、豊かな人間性を育むことを目的としています。「専門基礎科目」では、人間健康科学科の3コースそれぞれの専門領域を超え、医療従事者に必要とされる基礎的な専門知識を学びます。これらに各コースの「専門科目」を加えて学び、看護師、臨床検査技師、理学療法士、作業療法士、それぞれの実践力や高度先進医療への対応力を身につけていきます。※人間健康科学科は1年間を前期・後期の2学期に分け、各学科ごとに履修科目登録と成績評価を行う「セメスター制」を採用しています。但し各教科実習や臨床実習の実施日時は京都大学全体のセメスター日時と合致しない場合があります。※人間健康科学科では卒業に必要な全学共通科目の単位数を定めています。また、特に履修を要望する科目もあります。人間健康科学科Faculty of MedicineSchool of Human Health Sciences医学部人間健康科学科が望む学生像京都大学・医学部がこれまで進めてきた医学研究と高度先進医療をさらに発展させ、豊かな保健・福祉社会を実現するため、人間健康科学科では健康科学を確立し、人々の健康を実現したいと考えています。その具体化に向けて、人間健康科学科では高度医療専門職(看護師・臨床検査技師・理学療法士・作業療法士)の養成はもとより、健康科学を発展させる教育・研究者の育成をめざしており、こうした夢にチャレンジする意欲をもつ人を求めています。052KYOTO UNIVERSITY GUIDE BOOK 2019

元のページ  ../index.html#54

このブックを見る