京都大学 大学案内2019
41/108

京都大学 法学部の4年間1年次●入学式京都大学全体の入学式終了後、歴史ある法経第四教室で厳かな雰囲気による法学部だけの入学式も行われます。●始業・履修登録ガイダンスや先輩のアドバイスなどを参考にしながら、自分自身の“時間割”をつくります。●クラス分け8つあるクラス分けが発表されます。1年次で主に学ぶ教養科目や以降の専門科目はすべて選択制ですが、語学の授業はクラス単位で受講します。●前期試験夏休み前の7月・8月、京大生として初めての定期試験が行われます。●11月祭クラスやクラブ・サークルで出展(出店)します。仲間との一体感が生まれる場でもあります。●後期試験春休み前の2月、後期試験が行われます。1年間の学びの成果が問われます。2年次●新入生歓迎会後輩を迎え、アドバイスをする立場に。学業、クラブ・サークル、アルバイト、多忙だけれど充実した毎日を過ごします。●専門科目の履修1年次では少なかった専門科目が増え、憲法や民法、刑法などの法学基礎科目に取り組みながら、リーガルマインドを養っていきます。●法学専門サークル法学部サークル連合(略称:法サ連)という法学・政治学に関するサークルに入部したり、課外で専門的な活動を行う学生も増えていきます。●演習(ゼミ)登録これまでの学びを通じて抱いた興味・関心に基づき、2年次後期に演習(ゼミ)登録を行います。●将来設計登録したゼミをふくめ、今後の専攻分野や将来の進路について、自身の適性や可能性を探っていきます。3年次●演習(ゼミ)法学部の創設当初から重要視されているゼミでの学びがスタート。授業時間に関わらず、議論・討論は尽きません。●海外留学視野を世界に広げることを目的に、交流協定を結ぶ海外諸大学への留学は、2・3年次が好機です。●進路選択この時期、インターンシップに取り組む学生も少なくありません。そうした経験に基づき、就職か法科大学院などへの進学か、進路を見定めるのもこの時期です。●進学準備法科大学院や公共政策大学院への進学を決めた学生は、試験準備を開始します。●就職活動準備就職を選ぶ学生は企業説明会への出席など、就職活動の準備を始めます。4年次●進路活動法科大学院や公務員を志望する学生は各試験に向けた勉強に、一般企業を志望する学生は就職活動に、それぞれ懸命に励みます。●法科大学院適性試験5月と6月に法科大学院の適性試験が行われます。●省庁まわり公務員採用試験を経て、合格者(Ⅰ種)は東京の各省庁をまわり、所属への志望意志を固めます。●法科大学院合格発表合格はゴールではなく、法曹へのスタート地点。あらためて気を引き締め直し、学び続ける姿勢を保ちます。●最終試験大学院への進学、省庁への入庁、企業への就職、卒業後の雄飛に向けて、最後の試験で4年間の成果を示します。●卒業式充実した4年間を振り返りながら、仲間や恩師と今後の活躍、社会貢献を誓い合います。◆概要/国家・地方公務員、民間企業、法科大学院をふくむ大学院への進学など、進路は多岐にわたります。大学院に進学する約8割は、京都大学をはじめとする全国の法科大学院に進んでいます。また、京都大学公共政策大学院は例年、入学者の2〜3割が本学部の出身です。民間企業への就職先は金融・保険業が主流でしたが、この数年は業種・業界を問わず幅広くなっています。◆就職先の例/国家・地方公務員 宇宙航空研究開発機構(JAXA) みずほフィナンシャルグループ 三井住友銀行 三菱東京UFJ銀行 りそな銀行 三井住友信託銀行 日本銀行 第一生命 日本生命 大和証券 野村證券 三井物産 丸紅 大阪ガス 関西電力 中国電力 東海旅客鉄道(JR東海) 西日本旅客鉄道(JR西日本) 阪急電鉄 日本郵船 読売新聞社 朝日新聞社 毎日新聞社 TBSテレビ 朝日放送 NTTドコモ 日立製作所 三菱電機 川崎重工 ヤマハ トヨタ自動車 キリン 資生堂 鹿島建設 大成建設 西日本高速道路 オリエンタルランド など◆取得可能な資格/法学部では、教育職員免許状の取得を目的とした教職課程を設けています。また、法学部以外の学部が開講する所定の科目を修得することにより、その学部で取得できる資格(受験資格をふくむ)が得られます。進学(大学院)24.6%就職61.0%その他14.4%2017年度卒業生の状況〈取得可能な教育職員免許の種類と教科〉中学校一種/社会高等学校一種/公民Faculty of Law卒業後の進路039KYOTO UNIVERSITY GUIDE BOOK 2019法学部Faculty of Law

元のページ  ../index.html#41

このブックを見る