京都大学 大学案内2019
33/108

「歴史基礎文化学系」は日本史学、東洋史学、西南アジア史学、西洋史学、考古学、5つの専修で構成されています。文献史料を主な対象とする4史学と考古学の研究手法は大きく異なりますが、人類と社会の発展を時間軸から考察する点は共通しています。また、文献や史料を読み解く学力の習得を重視すると共に、演習・実習による実践的な学びを充実させているのも5専修の共通点です。さらに他学系の授業、例えば地理学や現代史学、東西の古典語なども学ぶことにより、人類の文化的な営みを総体的に捉える視点を獲得することも可能です。人類社会が発展した状況を時間軸に沿って深く考察する歴史基礎文化学系「行動・環境文化学系」は心理学、言語学、社会学、地理学、4つの専修で構成されています。心理学専修では実験を通じ、知覚・認知、思考、記憶、発達、社会性といった“心の働き”を研究します。言語学専修では人間の言語が機能する仕組みの理論的研究をはじめ、文献以前の言語を推定する研究なども行います。社会学専修では社会構造の変化や人々の関係などを研究し、昨今の多様なトピックスに焦点をあてる社会調査にも注力します。地理学専修では地域の形成過程や地域構造の分析を通じ、地表空間の多様な人間活動を研究します。現代は、歴史上かつてなかったほど、人類が巨大な変化を経験している時代です。「基礎現代文化学系」は、様々な角度から、この「現代」の特質を考察します。科学哲学科学史専修は、自然科学における人類の知的な営みを研究します。現代史学専修は、現代史は世界史であるという観点に立って、歴史学の手法により現代世界を分析します。二十世紀学専修と情報・史科学専修が合併して2018年度に新設されたメディア文化学専修は、おもにメディアや情報という切り口から、人文学の様々な手法を組み合わせながら、現代文化を考察します。心理学・言語学・社会学・地理学4つの専修で構成される行動・環境文化学系人類史で最も大きく変貌した現代の正確な把握に取り組む基礎現代文化学系◆織田信長朱印状。◆台上にヤシの実を置き、石で叩き割るフサオマキザル(サンパウロ市・チエテ国立公園)。◆手書きのドイツ語日記から「幾何」の単語を検索している文献研究用ツール「SMART-GS」。◆概要/この数年は2〜3割が大学院に進学しています。就職先としては官公庁や教育機関、マスコミや出版関連が多数でしたが、最近は情報通信業や金融業の比率も高まっています。また、特定の分野に偏らず、幅広い業種・業界で活躍する卒業生が多いのも文学部の大きな特徴です。◆就職先の例/国家・地方公務員 関西電力 朝日新聞社 関西テレビ放送 講談社 三菱電機 江崎グリコ みずほファイナンシャルグループ 日本生命保険 アクセンチュア ニトリ 丸紅 など◆取得可能な資格/文学部では所定の科目を修得した場合、教育職員免許状や博物館学芸員資格の取得が可能です。また、地理学専修の卒業者で測量に関する科目を修得して卒業後1年以上、測量に関する実務を経験した者は測量士の資格が取得できます。この他、教育学部が開講する所定の科目を修得することで、図書館司書や学校図書館司書教諭の資格も取得できます。〈取得可能な教育職員免許の種類と教科〉中学校一種/国語 社会 英語高等学校一種/国語 地理歴史 公民 英語就職66.4%進学(大学院)23.8%その他9.8%2017年度卒業生の状況Faculty of Letters卒業後の進路031KYOTO UNIVERSITY GUIDE BOOK 2019文学部Faculty of Letters

元のページ  ../index.html#33

このブックを見る