京都大学 大学案内2019
19/108

●どんな高校生だったか/得意科目は歴史と国語で、部活は合唱部と写真部を兼部していました。京大に初めて行ったのは中学3年生のとき。オープンキャンパスに参加し、文学部に歴史学のおもしろそうな分野が数多くあると知って以来、京大で学びたいと思い続けていました。●特色入試の志願動機と受験準備/志願動機のひとつは新しい入試に対する興味でした。提出する「学びの設計書」は国語の先生のアドバイスを受けつつ、イランやアルメニアなどの風景写真を見て心が動いたこと、そして、それらの地域の歴史を京大で研究したいという熱意を懸命に述べました。●現在の学びと将来の目標/今は卒業研究のターゲットとなるコーカサス地域の古代史について、主に史料を読解しながら深く取り組んでいます。その過程から「歴史や時代がつくられる場に立ちたい」と思うようになり、卒業後はインフラ系の仕事に就くことを考えています。●どんな高校生だったか/陸上競技部で3000m障害の選手をしていました。生徒会長を務めた高校2年の1年間は苦労の連続でしたがとても充実し、リーダーシップも養えました。そんな毎日から“学校が大好きな自分”をあらためて認識し、大学は教育系の学部をめざすことにしました。●特色入試の志願動機と受験準備/当初の進学先は他の大学を考えていましたが、京大の教育学部が“教育の未来をつくる研究機関”だと知って特色入試でのチャレンジを決心。その日から自分の考え方や経験をアウトプットする訓練を繰り返しました。自信はあまりありませんでしたが、合格できたのは周囲の人のおかげだと感じています。●現在の学びと将来の目標/学校教育“そのもの”を研究する今後に向けて、専門科目を学びつつ現場でのフィールドワークやプレゼンテーション、地元・徳島に関わる活動に取り組んでいます。将来の目標は研究成果が活かせる教育関連の職に就き、人々の個性を伸ばす環境づくりに貢献することです。教育学部 2回生大平 優斗さん徳島県 城ノ内高等学校 出身文学部 歴史基礎文化学系 西洋史学専修 3回生土肥 真瑳さん大阪府 開明高等学校 出身中学3年生で憧れ始めた京大で古代史を学べているのは特色入試に挑んだ成果です特色入試で京大生になると決め考え方や経験をアウトプットする訓練を日々繰り返しました017KYOTO UNIVERSITY GUIDE BOOK 2019

元のページ  ../index.html#19

このブックを見る