京都大学 大学案内2019
103/108

山根 久代 准教授(果樹、果物、木本性作物、花成、気候変動)温帯・熱帯果樹に特異な生殖生理および成長サイクルに関する研究吉田 天士 准教授(水圏ウイルス)水圏ウイルスの分子生態とその有用遺伝子の機能解析Goel, Sandeep 特定准教授(Gametogenesis)Regulatory mechanism of gametogenesis; Preservation of fertility; Conservation of rare and endangered species井上 博茂 講師(栽培・作付体系、イネ)様々なイネを栽培することで、環境との調和を目指した持続的農業技術について考える木村 里子 特定講師(モニタリング・環境影響評価)水圏生態系における生物の生態解明と資源保全寺石 政義 講師(ダイズ、イネ、湿害耐性、代謝産物)イネ、ダイズの機能性成分と栽培適性の改良に関する研究■応用生命科学科■植田 和光 教授(ヒト細胞、農芸化学)人の健康をまもるABCタンパク質の巧妙なしくみを解く植田 充美 教授(バイオテクノロジー)生命の謎解き・真理のトレジャーを発掘する小川 順 教授(微生物バイオテクノロジー)微生物の多彩な機能で未来社会を拓く加納 健司 教授酸化還元酵素の機能とバイオセンサ・バイオ電池への応用喜多 恵子 教授(遺伝子操作)制限修飾系の分子進化をゲノムとタンパク質構造から解明する河内 孝之 教授(ゲノム、光受容、進化)植物の光環境応答と発生制御の分子機構を解明する阪井 康能 教授(細胞・微生物・酵母・遺伝子発現・炭素資源・環境/共生系)分子細胞生物学・生化学と応用機能開発間藤 徹 教授植物の肥料元素、有害元素を極める三上 文三 教授(構造生物学)タンパク質・酵素の結晶構造解析と構造生物学宮川 恒 教授(農薬)作物を守るよいくすりを作りたい三芳 秀人 教授(分子設計)ミトコンドリアの機能を制御する生理活性化合物の分子設計と合成森 直樹 教授(生物間相互作用)化学の目で見た昆虫と植物、昆虫と動物の攻防井上 善晴 准教授(酵母)メタボリックシグナリングの基盤解明木岡 紀幸 准教授(細胞接着、コラーゲン)動物細胞を取り巻く環境が細胞の生存やがん化を制御する仕組みを解く黒田 浩一 准教授(バイオテクノロジー)有用微生物の創出・生命現象の理解・新規バイオツールの開発小林 優 准教授細胞壁ペクチンの機能を解明する白井 理 准教授細胞膜でのイオンや電子の動きの理解と応用およびイオンセンサによる作物栽培環境の管理中川 好秋 准教授(分子設計、作用機構)昆虫だけが持つ成長のしくみをかく乱するにはどんな化合物を作ればよいか?西浜 竜一 准教授(幹細胞、再生、細胞周期)植物細胞の分裂・増殖の仕組みとその進化を調べる宮下 正弘 准教授(生理活性物質)生物の毒に含まれるペプチドの構造と機能を明らかにする由里本 博也 准教授(微生物生理、代謝制御、微生物利用)代謝生理・遺伝子発現制御機構の解明と応用機能開発■地域環境工学科■飯田 訓久 教授(農業ロボット、農業機械、メカトロ、計測と制御)持続的な農業生産のためのロボットとセンシング技術の研究近藤 直 教授(農産物、畜産、養殖、情報化、画像処理)光と音を利用した生体・農畜水産物・食品の計測清水 浩 教授(野菜、無農薬、周年栽培、安心安全、高付加価値)環境調節による植物の成長制御・最適化および植物工場への応用藤原 正幸 教授(水資源、水利用、水域環境)水の流れ、それに伴う物質輸送、水流の影響下にある生物の挙動のモデリングと最適制御星野 敏 教授(コミュニティ計画論,地域活性化,ワークショップ)ナレッジマネジメントを応用した農村計画手法の開発村上 章 教授(計測値の解釈)土構造物・地盤挙動に関するデータ同化および逆解析の水利施設維持管理への適用渡邉 紹裕 教授(農業・農村、水管理、水環境)農業生産と農村や地域の環境保全のための望ましい水・土地の管理手法の開発宇波 耕一 准教授(農業水利、意思決定支援、数値流体力学)最善を目指し最悪に備える水資源の開発と運用小川 雄一 准教授(細胞、水、生体分子、光学、レーザー)分光法を用いた水分子ダイナミクスから見る生物センシング技術の開発西前 出 准教授(地域資源管理,環境マネジメント)GIS・衛星画像を用いた土地利用研究および途上国の持続的開発に関する研究中嶋 洋 准教授(走行装置と土の関係、パソコン利用、数値解析)土と機械(車両)のテラメカニックス、計算力学、農業物理モデリング中村 公人 准教授(灌漑排水、土壌物理、水質、水文、地下水)流域圏および農地土壌中の水循環と物質循環の制御と管理藤澤 和謙 准教授(固体~流体の相変化とインタラクション)流域環境の保全を目指した土構造物の侵食・破壊プロセスの解明■食料・環境経済学科■浅見 淳之 教授(中国、アジア、制度、取引費用、所有権)途上国農村を支える伝統的・近代的な経済システムに関する研究秋津 元輝 教授(食と農の社会学、食消費倫理)日本及び東アジアにおける農山村社会の存続及び食と農をめぐる倫理の研究足立 芳宏 教授(欧州農業史)20世紀ヨーロッパ農業の形成に関する比較史的研究伊藤 順一 教授(食料需給、制度設計、環境政策、共有地問題)ミクロ経済学をベースとした農業・農村政策に関する実証研究梅津 千恵子 教授(環境資源経済学、水資源管理、レジリアンス、アフリカ、コモンズ)資源管理政策、社会・生態システムのレジリアンスに関する研究小田 滋晃 教授(農業会計、農業経営、ワインビジネス) 多様な農業経営体の統治と経営及び地域農業の活性化に資する六次産業化のあり方、特に国内外のワイン・ブドウ生産ビジネス及びワインツーリズムに関する研究栗山 浩一 教授(環境経済学、環境評価論)森林や自然環境の価値評価と環境政策に関する研究辻村 英之 教授(フードシステム、農業経営、アグリビジネス、農協・生協)日本・タンザニアの農家経済経営の持続的発展と協同組合・フェアトレードの役割伊藤 淳史 准教授(日本農業史)近現代日本の農民に対する国家政策とその反応に関する研究伊庭 治彦 准教授(農業組織)組織的取り組みによる地域農業の効率化とその国際比較仙田 徹志 准教授(統計調査、デジタルアーカイブ)食料・農業における統計情報の体系的保存と高度利用に関する研究沈 金虎 准教授(現代中国農業問題、農業保護の国際比較)農業政策、農産物貿易の国際比較と中国の3農問題を研究三谷 羊平 准教授(実験経済学、行動経済学、環境経済学)実験経済学をベースとした自然環境の保全政策や制度設計に関する研究Feuer, Hart Nadav 特定講師(Food Culture, Diet and Nutrition, Agri-Food Systems, Cambodia)Health of Regional Cuisines, Youth Dietary Behavior, Geographic Indication for Food■森林科学科■井鷺 裕司 教授(生物多様性、保全ゲノミクス、絶滅危惧種)繁殖プロセス、系統、遺伝特性等の情報に基づく森林の生物多様性保全大手 信人 教授(水・物質循環、安定同位体、微生物生態学、データベース)森林生態系の水と物質の循環のしくみを調べて、環境変動に対する反応を予測する大澤 晃 教授成長に伴う森林構造の変化に関する規則性の解析河本 晴雄 教授(バイオエネルギー バイオマス化学)木材熱分解の分子機構解明とその制御によるバイオリファイナリー神﨑 護 教授(持続的利用、森林長期動態モニタリング、林冠植物、熱帯林)生物多様性保全と持続的な森林管理ならびに熱帯林と地域社会の相互関係北島 薫 教授(樹木の環境への適応、熱帯林、地球温暖化)熱帯林植物の形質多様性と生態系持続性の関係北山 兼弘 教授(土壌栄養、熱帯林、生物多様性、生態系、保全)森林生態系を生物地球化学と生物多様性科学から解き明かす小杉 賢一朗 教授(緑のダム、土砂災害)森林の土や岩が雨水を蓄える仕組みの解明、豪雨による山崩れの予測小杉 緑子 教授(ガス交換、水・物質循環)水や炭素などの循環によっておこる森と環境との相互作用を調べる研究柴田 昌三 教授(里山再生、竹類生態、自然回復、緑化)自然環境や都市域における繋がりを重視した環境のデザインと再生髙野 俊幸 教授(バイオマス、セルロース、成分利用)木材成分の化学分析、化学反応、および高機能性化に関する研究髙部 圭司 教授(細胞壁、細胞小器官、ヘミセルロース、リグニン)樹木の細胞壁形成とその微細構造藤井 義久 教授(木材、木造建築、クラフト、文化財)建築・家具と木材加工、木造建築の非破壊診断と維持管理、木工芸と文化財本田 与一 教授(木材腐朽キノコ、物質循環サイクル)きのこの分子生物学・遺伝子工学とバイオテクノロジー和田 昌久 教授(セルロース、結晶、磁場配向、X線回折)セルロースを中心とする多糖の固体構造・物性と機能化に関する研究大澤 直哉 准教授(個体群、群集、食う—食われる関係、侵入生物)生物種間の相互関係を通じ、森林の構造や機能を明らかにする研究岡田 直紀 准教授光、水、養分をめぐる樹木どうしの競争に関する研究勝山 正則 特定准教授(降雨流出過程、トレーサー、水質形成)森に降った雨が土にしみこんで川となる仕組みを水質変化の追跡から考える上髙原 浩 准教授(バイオマス、セルロース)化学的手法による森林資源−木材の有効利用法開発小山 里奈 准教授(窒素、植物生理生態学)植物が森林生態系を維持していくために果たしている役割について坂本 正弘 准教授(開花メカニズム、細胞壁、ストレス耐性)タケ・ササ類を中心とした単子葉植物の資源植物への転換仲村 匡司 准教授(木目模様、画像解析、木材とヒト)木材の外観的特徴の数量表現とその感性刺激性能の定量的評価深町 加津枝 准教授(文化的景観、ランドスケープ計画、生物・文化多様性)地域固有の景観の保全および活用を目指した環境デザイン松下 幸司 准教授(森林計画、政府統計、調査法、法規)森林計画制度および森林・林業統計に関する研究吉永 新 准教授(樹木、細胞壁、リグニン)樹木の細胞壁におけるリグニンの分布と形成過程高柳 敦 講師野生動物による被害発生機構の解明と共存のための総合的システムの構築村田 功二 講師(力学、木質材料)木材の変形挙動や破壊過程の解析および早生樹材の活用吉岡 まり子 講師(バイオマスの利活用、セルロースナノファイバー、ナノコンポジット、低炭素化)植物バイオマスを高効率的に活用したナノ複合材料の調製と機能発現■食品生物科学科■井上 和生 教授運動による疲労や代謝変化について、脳や神経の働きを探る入江 一浩 教授(有機合成)がん、アルツハイマー病に関わるタンパク質の構造機能解析に基づく薬剤開発河田 照雄 教授(肥満、健康科学)肥満・生活習慣病と“食品の機能”についての基礎・応用研究谷 史人 教授(食品化学)食品の流動性感知機構を探る。粘膜免疫系のはたらきをよくする高分子を創る。永尾 雅哉 教授(天然由来生理活性物質)健康に良い天然物探索とその作用メカニズム解明橋本 渉 教授(応用微生物学)微生物の巧みな生存システムの解明とその食糧・環境・医療分野への応用保川 清 教授有用酵素の創製と酵素反応の制御による食品工業と医薬工業への酵素の利用拡大荒 武 特定准教授(生物情報学)食品成分の網羅的探索と代謝経路予測大日向 耕作 准教授機能性ペプチド研究による健康長寿社会への貢献神戸 大朋 准教授(ミネラル栄養)亜鉛など必須金属栄養素の吸収・代謝・生理機能に関する研究後藤 剛 准教授(脂質代謝・エネルギー代謝)肥満に伴う代謝異常に関与する内因性・外因性代謝調節因子に関する研究中川 究也 准教授(食品工学)食品乾燥とマイクロカプセル化に関するプロセス工学的研究増田 誠司 准教授(応用細胞生物学)RNAの代謝を制御する因子と細胞増殖の関わり村上 一馬 准教授(構造解析)機器分析による天然物の作用機構解明、アルツハイマー病・糖尿病に関する核酸医薬開発101KYOTO UNIVERSITY GUIDE BOOK 2019教員の研究テーマ

元のページ  ../index.html#103

このブックを見る