駒澤大学 大学案内2017
99/156

098KOMAZAWA VOICE 2017部学教仏部学文部学済経部学法部学営経部学科康健療医ル・ア・■必修………24 必ず修得しなければならない科目◆選択必修…12 指定された範囲から、定められた単位数を修得しなければならない科目●選択………62 自らの興味関心で自由に選択できる科目専門教育科目:98単位全学共通科目:14単位(詳細はP.17)広 域 選 択 :20単位卒業必要単位132単位▶ 専門教育科目2017年度(予定)グローバル化によって複雑化した世界規模の問題を解決するために、現代の教養であるメディアやIT(Information Technology)を中心に、幅広い学問(経営学,経済学,政治学,法学,文化学,コミュニケーション学,情報学,社会学)を学び、グローバル化した企業などで真に必要とされる実践的な人材を育成します。外国人教員による少人数制の英語授業を英語だけで行い、実践的な英語力(コミュニケーション能力、リスニング能力、リーディング&ライティング能力)を身に付けるとともに、TOEIC試験などの社会で必要とされる英語力を向上させる授業も用意しています。長期・短期の海外留学、海外インターンシップ/ボランティアなどを積極的に推奨、支援しています。海外経験を積むことにより、学生時代にグローバルに活躍できる能力を身に付けることができます。また、海外の大学で修得した単位を積極的に卒業単位として認めています。グローバル化する社会において、実践的な英語力と、インターネットなどのITを利活用する能力(ITリテラシー)を駆使し、日本だけでなく、海外でも活躍できる人材が幅広い業界で求められています。上記の社会ニーズに応えるために、本学科は、外国人教員による実践的な英語教育、現代社会で不可欠なITリテラシー教育を基礎に、グローバルな視点から経営学、経済学、社会学、文化学、政治学などを学ぶことができる学際的で未来志向の学部です。本学部の卒業生は、IT業界、通信業界、金融業界、航空業界、観光業界、アパレル業界などの幅広い業界で活躍しています。英語、ITを駆使し、グローバル化する社会で活躍できる人材を育成外国人教員による英語授業で、英語によるコミュニケーションが取れるように徹底的に鍛える多様なメディアが大きな影響を及ぼす現代社会で活躍する術を新進気鋭の教員から学ぶインターネットの原理、インターネット上のメディアを用いた応用サービスについて、実習を通じて理解する■「Written Communication」の授業風景 ■「メディアリテラシー」の授業風景■「インターネットとメディア」の授業風景▶ 学びのポイントグローバルな視点から幅広い学問を学ぶことができますグローバルな人材を育てるための海外留学を支援社会で役立つ実践的な英語力が身に付きます入試科目に教科「情報」を導入するなど、グローバル化に対応できる多様な学生を受け入れるために、多彩な入試を実施しています。2年次4年次1年次3年次※教職課程科目は1年次から、資格講座科目は2年次から開講しています(P.131)。※教職課程・資格講座は卒業に必要な単位には含まれません。 ※他学部履修は20単位以内。●Advanced EnglishⅠ~Ⅳ ●JournalismⅠ・Ⅱ ●社会調査入門 ●グローバル文化論 ●メディア制度論 ●グローバル経営論●情報社会論 ●コミュニケーションと社会 ●知識経営論 ●異文化経営論 ●マーケティングリサーチ入門 ●グローバルビジネス人材マネジメント●企業会計の実務 ●ファイナンスと経営学Ⅰ・Ⅱ ●情報メディア産業論Ⅱ ●データ解析法入門 ●東南アジアの文化と社会 ●グローバル創造都市とアート政策●グローバル交流論 ●イスラムと文化 ●キリスト教文化 ●韓国の文化と社会 ●中国の文化と社会 ●グローバル英語概論 ●英語圏文学概論 ●グローバル市民社会論 ●国際法 ●国際協力法 ●オルタナティブ・メディア論 ●映像コミュニケーション実習●映像コンテンツデザイン各論 ●映像コンテンツデザイン演習 ●実践メディアビジネス講座Ⅰ~Ⅴ ●メディアとデータベース ●コンテンツデザイン概論 ●情報保護と社会●E-コマース論 ●クラウドサービスとデータマイニング ●デジタルメディアと学び ●放送メディア論 ●音楽メディア論 ●マルチメディアコンテンツデザイン各論●マルチメディアコンテンツデザイン演習 ●Webコンテンツデザイン各論 ●Webコンテンツデザイン演習 ●スクリーン・カルチャー ●Global Management of Technology■Oral CommunicationⅠ・Ⅱ ■Written CommunicationⅠ■International CommunicatinⅠ■グローバルメディアスタディーズ概論■メディアリテラシー ■グローバルマネジメント■情報リテラシー ■情報リテラシー実習■Oral CommunicationⅢ■Written CommunicationⅡ・Ⅲ■International CommunicatinⅡ●演習Ⅰ●基礎演習(2~3年次)●演習Ⅲa●演習Ⅲb●卒業研究◆メディア法 ◆知的財産法/個人情報保護法 ◆グローバルイシューと国際公法 ◆グローバルイシューと国際私法 ◆ミクロ経済分析基礎◆統計分析基礎 ◆情報メディア産業論Ⅰ ◆グローバルマーケティング ◆グローバル企業行動論 ◆グローバル・ポリティックス◆技術とメディア ◆メディアとセキュリティ ◆メディア文化論 ◆国際移動と人間 ◆表象メディア論◆ネットワーク経済論     ◆グローバルメディアガバナンス論●海外演習実践講座Ⅰ~Ⅲ ●海外演習Ⅰ~Ⅹ● Study AbroadⅠ~Ⅳ ●メディア・コミュニケーション概論 ●コンピュータワークショップⅠ~Ⅳ ●Webコンテンツ基礎●アドバンストマーケティング ●コンテンツビジネス ●メディア社会史 ●マーケティングコミュニケーション ●統合リスクマネジメント◆グローバル戦略論 ◆メディアと企業 ◆国際関係とメディア ◆世界政治とメディア ◆インターネットとメディア ◆メディアと情報◆グローバルメディア概論●演習Ⅱa(3~4年次)●演習Ⅱb(3~4年次)●International CommunicatinⅢ~Ⅷ ●比較メディア制度論 ●都市とメディア ●異文化間コミュニケーション論●広告文化論 ●メディアイベント論 ●エスニック文化論 ●グローバルネットワーク論●著作権の経済分析 ●特許権の経済分析 ●ドキュメンタリーの視線と実践 ●ドキュメンタリー制作演習●情報メディア開発論 ●ネットワーク進化論 ●国際標準化論気になる講義は検索してみよう!P.020

元のページ 

page 99

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です