駒澤大学 大学案内2017
147/156

自分が読んだ本の内容をみんなの前で発表し、「誰の本がいちばん読みたくなったか」に投票するビブリオバトル。新しい本を知るきっかけになるとともに、プレゼンテーションの練習にもなります。この他にも企画展示や選書ツアーなど、運命の一冊との出会いをさまざまなカタチで演出します。知的書評合戦 ビブリオバトル書庫にある資料の請求や図書の返却、各種申し込みの受付をしています。メインカウンター約1000タイトルの学術雑誌と新聞を自由に閲覧できます。雑誌・新聞コーナー自由に利用できるパソコンが、各フロアに合計で約100台設置してあります。PCコーナー資料の探し方や館外資料の取り寄せ、各種サービスの利用方法などのアドバイスをします。レファレンスカウンターゼミやサークルをはじめとしたグループでの学修や研究に利用できます。グループ読書室DVD、CD、マイクロフィルムなど、視聴覚資料を利用することができます。視聴覚ブース室ゆったりとしたスペースの閲覧席。窓からは駒沢公園が一望できます。閲覧席横の書架には、約20万冊の図書が並んでいます。閲覧席約1万タイトルの雑誌のバックナンバー、和書・洋書などが保管されています。歴史的に貴重な和装本も閲覧できます。書庫レポートや論文作成、図書館資料を活用した学修・研究について相談できます。ライブラリーアドバイザー(図書館学修支援員)課題に必要な資料を探したり、パソコンを使ってレポートを書いたりしていました。静かなのでやっぱり集中できるんです。高校の図書室との違いは、なんといっても蔵書の数ですね。私は仏教学科だったので、他の図書館にはないような宗教の本がそろっていたのは心強かったです。借りた資料の期間延長が家のパソコンからできたのも助かりました。高校の図書室とは「別物」です。学生インタビュー仏教学部 仏教学科 2016年卒業東京都立篠崎高等学校 出身鳥屋 瞳Let’s enjoy KOMAZAWA!146KOMAZAWA VOICE 2017

元のページ 

page 147

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です