駒澤大学 大学案内2018
135/164

北京で働いていた叔母の影響で中国語の勉強を始め、先生からも勧められて今回の留学を決心しました。大学は海辺の町にあり、景色の良いところです。勉強の合間に観光したり、授業でウクライナ人と友達になったり、多くの経験ができた濃い20日間でした。感動的だったのは、常に支えてくれた台湾人カウンセラーの人たちです。最後のお別れ会で披露する歌やダンスの練習が大変でしたが、本番中の僕達を見て彼らが泣いてくれたのはとても印象的でした。夜は彼らもサプライズで歌やダンスを披露してくれ、最後は涙涙でした。この20日間の日々の勉強や初めて会う人との生活は、日本では決して体験できない貴重な時間になりました。皆さんも一歩踏み出して今しかできない体験をしてみてください。2016年8月(20日間)台湾 淡江大学待っているだけでは変わらない、と教えてくれた20日間経済学部 経済学科 4年佼成学園高等学校 出身両角 和夏休みや春休みを利用して、海外の協定校が主催する語学授業に参加するプログラムです。語学のレベルアップを図るほか、大学寮やホームステイでの生活、放課後のアクティビティや小旅行を通して異文化を体験することも大切な目的です。このセミナーの修得単位は随意科目の単位として認定されます。(グローバル・メディア・スタディーズ学部では、所定の手続きをすることにより専門科目の単位として認定されます)短期語学セミナー夏季・春季の休暇期間を利用私はカナダに留学したとき、あちらの生徒さんがサポートしてくれたのが嬉しくて、駒澤大学に来た留学生たちをサポートする、この活動に参加することにしました。学内を案内したり、ランチを一緒に食べたり、明治神宮に行ったりしました。時には理解し合えないこともあったけど、最後、お台場に花火を見に行ったときは、別れるのが寂しくてたまりませんでした。この活動の良いところは、日本にいながら留学のような体験ができること。英語が不得意でも大丈夫! 私は絵を描いたイラストブックを持ち歩いて説明していました。恥ずかしがらずに交流を深めていけば、得られるものは大きいです。もし興味はあるけれど迷っている、という人がいたら、私に会いに来てください。この楽しさ、直接お話しします!迷ったら会いに来てください。この楽しさをお伝えします!文学部 英米文学科 4年千葉県立八千代高等学校 出身田岡 佑圭梨海外の協定校の一つ、クィーンズランド大学から学生を招くプログラムです。来日した学生は約1ヶ月の期間で日本語を学ぶと同時に、茶道や書道をはじめとした日本文化体験学習にも参加します。本学の学生は、日本語会話実習や研修旅行など各種の交流企画にボランティアとして参加し、異文化コミュニケーションを図ります。来日プログラム(KOMSTUDY)言葉と文化の相互交流豊かな自然に恵まれたモンタナで、前期は英語、後期はメディアやジャーナリズムについて学びました。自分を大きく変えたと思うのは、人種差別について様々な角度から学ぶクラス。自分の中に潜んでいた差別意識に気づいて考えさせられ、視野が広がりました。スピーチのクラスも勉強になりました。アメリカ人は時事問題などの硬いテーマでも、今朝の朝食の話から始めたりして、ユーモアで惹きつけるのがうまいんですよね。この留学で就職活動の軸も変わり、全国転勤があり、海外の方と触れ合う機会の多いホテルに就職したいと思うようになったんです。その夢を叶えることができたので、この経験を仕事に生かしたいと思っています。2015年3月~12月(10ヶ月間)アメリカ モンタナ大学発見いっぱいの初留学が、人生の転機にグローバル・メディア・スタディーズ学部グローバル・メディア学科田園調布雙葉中学高等学校 出身本波 香織留学する大学を目的に応じて自分で探します。留学先は、日本の大学に相当する高等教育機関として本学が認定した機関に限ります。受け入れ先となる機関から受け入れ許可を得て留学します。(本学における学費等の扱いは交換留学と同等で、留学中は駒澤大学での在学期間とみなされ、現地で修得した単位は卒業に必要な単位として認定されます)認定校留学留学先を自分で選ぶこんな留学の仕方もあります!03国際交流134KOMAZAWA VOICE 2018

元のページ  ../index.html#135

このブックを見る