駒澤大学 大学案内2017
134/156

駒澤大学にはCTやMRIといった機器がとても充実しています。これらの機器は操作法がそれぞれ異なるため、実物を操作できるのは大きな魅力です。でも、この大学のもっと大きな魅力は、タテとヨコのコミュニケーション。少人数なので同期の仲が良いのはもちろんですが、先生方や先輩方とのつながりもすごく緊密です。勉強ははっきり言ってハードですが、分からないことはすぐに質問できる環境なので、「自分から学ぼう」と思っている人には自信をもってお勧めできます。私自身は、この4年間の学びを基礎として経験を積み、将来は放射線を使ったがんの治療に携われる技師になりたいと思っています。社会福祉学では理論と実践の両方が大切です。私は社会福祉士実習で児童養護施設、精神保健福祉士実習では精神科病院と就労支援施設での実習を体験しました。講義やゼミで学んだことが現場で生かせると、すごく嬉しいです。でも、もちろん、全部が思い通りにいくわけではありません。支援したいというこちらの思いを、相手の方が受け入れてくれないこともありました。そこで学んだのは、支援する側とされる側という図式にはめ込むのではなく、人と人の関係を築く大切さ。相手を障がい者や患者ではなく、まずは同じ人として見ることです。この経験を活かし、将来は相手の方やその場に応じたサポートができる社会福祉の専門家になりたいと思います。CAMPUS LIFE充実した課程・講座で、夢への第一歩「資格試験」をバックアップ。資格講座04キャリアデザイン精神保健福祉士は、精神医療・保健分野のスペシャリストとして、福祉に関する専門的な見地から相談・助言・指導を行うための国家資格です。今や精神疾患は5大疾患の一つ。うつ病や自殺の問題など国民の心の問題がクローズアップされるなか、医療機関や地域の社会復帰施設また行政の職員として、その活躍の場が拡がっています。文学部社会学科社会福祉学専攻において、厚生労働省・文部科学省の指定する科目単位を修めると、国家試験受験資格が取得できます。精神保健福祉士(国家資格)必須科目 ●医学一般●心理学(福祉)●社会学(福祉)(3科目のうち1科目)●社会福祉原論●地域福祉論●社会保障論●公的扶助論●福祉行財政と福祉計画●医療福祉論●権利擁護と成年後見制度●障害者福祉論●精神医学(福祉)●精神保健学●社会福祉援助技術総論●精神科ソーシャルワーク論●精神科リハビリテーション学●精神保健福祉援助技術各論●精神保健福祉論Ⅰ●精神保健福祉論Ⅱ●ソーシャルワーク演習●精神保健福祉援助演習●精神保健福祉実習指導Ⅰ●精神保健福祉実習指導Ⅱ●精神保健福祉実習A●精神保健福祉実習B診療放射線技師とは、病院などの医療機関において、電離放射線を用いた診断および治療が行われる場合に、放射線装置を操作して放射線を人体に照射すること、放射線同位元素を用いる体外測定を行うこと、さらに使用する放射線を管理すること、およびそれらに付随する技術部門の一切を担当する専門職です。この専門職には医師からの放射線診療に関するあらゆる要望に応え得るだけの知識と技術を有することが求められます。医療健康科学部診療放射線技術科学科を卒業した学生は、この国家試験の受験資格が取得できます。また、合格者には別資格であるX線作業主任者への道が開かれています。診療放射線技師(国家資格)受験資格取得条件 診療放射線技術科学科を卒業すること医療健康科学部診療放射線技術科学科 2016年卒業東京都立日野台高等学校 出身及川 朋子社会福祉士は、福祉分野のスペシャリストとして、福祉に関する専門的な相談・助言・指導を行うための国家資格です。介護保険の導入などによって、福祉サービスへの需要が急速に増えている現在、相談援助のプロフェッショナルである社会福祉士の必要性は増すばかりです。有望な国家資格の代表と言えるでしょう。文学部社会学科社会福祉学専攻において、厚生労働省・文部科学省の指定する科目単位を修めると、国家試験受験資格が取得できます。社会福祉士(国家資格)必須科目 ●社会福祉原論●社会調査の基礎●社会福祉援助技術総論●社会福祉援助技術各論ⅠA・ⅠB・ⅡA・ⅡB●地域福祉論●福祉行財政と福祉計画●福祉サービスの組織と経営●社会保障論●老人福祉論●介護概論●障害者福祉論●児童福祉論●公的扶助論●医療福祉論●ソーシャルワーク演習●社会福祉援助技術演習Ⅰ・Ⅱ●社会福祉援助技術現場実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ選択科目 ●医学一般●心理学(福祉)●社会学(福祉)[3科目のうち、1科目選択必修]●就労支援サービス●権利擁護と成年後見制度●司法福祉論[3科目のうち、1科目選択必修]文学部 社会学科 社会福祉学専攻 2016年卒業駒澤大学高等学校 出身中出 美沙人と人の関係を築く大切さやる気がある人には自信をもってお勧めできます!対象:文学部 社会学科 社会福祉学専攻対象:文学部 社会学科 社会福祉学専攻対象:医療健康科学部133

元のページ 

page 134

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です