駒澤大学 大学案内2017
126/156

CAMPUS LIFE内定をゲットした先輩たちに、思いきり打ち込んだことを聞きました。大学生活奮闘記人が喜べば、自分も元気になる04キャリアデザイン笑顔、声、元気。それがチアリーディングのモットー。入学してすぐに「4年間を充実させるなら應援指導部!」と言われて入りました。チアリーディングは人を元気づけることができるし、それによって自分自身も元気になれます。先輩の言葉は嘘ではありませんでした。株式会社アミューズ文学部 地理学科地域文化研究専攻 2016年卒業九州学院高等学校 出身荒木 裕里子勝つために、何をすべきか大学生活いちばんの瞬間は、ラグビー部の試合でリーグ一位のチームに勝ったとき。泣いている仲間もいました。試合では常に「チームが勝つために、自分は何をすべきか」を考えます。自分で考えて答えを出す習慣を、私はキャンパスとグラウンドの上で身につけました。クラブツーリズム株式会社グローバル・メディア・スタディーズ学部グローバル・メディア学科 2016年卒業千代田区立九段中等教育学校 出身中村 匠汰今やるべきことに集中友達に誘われて始めたジャズダンスに、すっかりはまった大学生活でした。3年生の10月までは思う存分ダンスをして、11月から切り替えてシューカツをスタート。あれもこれもと欲張らず、今やるべきことに集中するのが、充実した4年間を送るコツだと思います。みずほフィナンシャルグループ経営学部 経営学科 2016年卒業神奈川県立新城高等学校 出身堀江 菜摘文学部 国文学科 2016年卒業神奈川県立鎌倉高等学校 出身杉本 奏絵チャンスは絶対、誰にでもある!何かを表現する仕事がしたいと思っていました。ゲームは好きだったけど「限られた人だけの世界」だと、最初はあきらめてたんです。でも、3年のインターン先の人に「おもしろければ誰でも採るよ」と言われて、「やってみよう!」と。それが結果につながりました。株式会社レベルファイブ聞くのも勉強、話すのも勉強自分から発言できるように、少人数のゼミを選びました。メンバーと意見が食い違ったときは、いったん相手の意見をしっかりと聞いてから、どっちがいいかを決めるようにしました。そのおかげで、人の意見を聞きつつ、自分の考えを発信できるようになったと思います。伊豆の国市役所法学部 法律学科 フレックスA 2016年卒業静岡県立韮山高等学校 出身井伊 美幸果敢にチャレンジできるのが大学生の特権ゼミやアルバイトの経験を通して、「挑戦すること」の大切さを知りました。知識不足や経験不足でも果敢にチャレンジできるのが大学生の特権なので、臆することなく行動してほしいです。結果が出ないときに励ましてくれた先輩や同期には、本当に感謝しています。横浜信用金庫文学部 社会学科 社会学専攻 2016年卒業神奈川県立横浜栄高等学校 出身増岡 大也125

元のページ 

page 126

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です