駒澤大学 大学案内2018
112/164

グローバル・メディア・スタディーズ学部グローバル・メディア学科男:648人(45%)女:796人(55%)総計:1444人2016年5月1日時点大学で自分の研究を進めていくにあたり、アンケートによる調査はとても有効です。このゼミでは英語による議論を通して自分のテーマを見つけ、それに沿ってアンケートを実施していきます。良いアンケートにはいくつかポイントがありますので、3つほどご紹介しましょう。一つ目は「validity」。たとえば、「若者の読書離れ」を調べるための質問票に、「野球は好きですか」という質問が入っていたらどうでしょう。二つ目は「reliability」。同じ人に同じアンケートを実施してその結果がまったく違っていたら、良い研究はできません。そして、3つ目は「hypothesis」。アンケートを実施する前には必ずこれを立て、実施後にそれが合っていたかどうかを検証してレポートや論文にまとめていきます。物事を理解したり、新しい法則を発見するためには、「調べる」という工程が必要不可欠です。自分の頭で考えることはとても大切ですが、それだけではいけません。ということで、もしこの文章に知らない単語があったら、さっそく辞書で「調べて」みましょう。(ウルフ、ジェームス 講師:Survey Research)グローバル・メディア学科のその他の演習(ゼミ)テーマもCheck!P.114ゼミにて研究成果を英語で発表する111

元のページ  ../index.html#112

このブックを見る